NEWS
2021年01月14日 15時22分 JST

USJ新エリア『スーパー・ニンテンドー・ワールド』 の開業延期。大阪で再びの緊急事態宣言受け

USJが「世界初のマリオカート体験」を目玉として打ち出していた新エリア。コロナの影響でオープンは先送りに。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは1月14日、2月4日にオープンを予定していた新エリア『スーパー・ニンテンドー・ワールド』の開業を延期すると発表した

時事通信社
「GoToイベント」事業の初日、多くの来場者でにぎわうユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)=11月4日午前、大阪市此花区

開業延期の理由について、運営会社のユー・エス・ジェイはハフポスト日本版の取材に対し「大阪府に13日、再びの緊急事態宣言が発出されたことを受けたもの」と回答した。

新たな開業日は緊急事態宣言の解除後に改めて決定する。また、緊急事態宣言の発出に伴い、園内の入場者数を大幅に制限して営業する方針であることも明らかにした。

『スーパー・ニンテンドー・ワールド』 どんなエリア?

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式サイトより
『スーパー・ニンテンドー・ワールド』

2月4日にオープン予定だった『スーパー・ニンテンドー・ワールド』は、任天堂のゲームでおなじみのキャラクター・マリオの世界を象徴するピーチ城やクッパ城がそびえるエリア。

人気ゲーム『マリオカート 』の世界観が楽しめるアトラクションやマリオと並んで人気のキャラクター・ヨッシーのアトラクションが楽しめるほか、レストランでの食事やショップでの買い物も楽しめるようになっている。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)公式YouTUbeチャンネルより
『マリオカート ~クッパの挑戦状~』

2020年11月にUSJの公式YouTubeチャンネルにエリアを紹介する動画が公開されると、現在までに70万回以上再生されるなど話題となっていた。