広告を考える

これまでの広告は、日々の暮らしの中に突然乱入してきて「これいいっす!すげえいいっす!」と叫び続けるのが基本姿勢だった。でも消費に冷めた人びとには、そんなことだけでは効かない。代わりに、楽しそうなコミュニティをむにゃむにゃと作り上げるのだ。
広告の中で、原形をとどめないほどにフォトショップで修正された女性のカラダを見るのに飽き飽きしていないだろうか? ある企業がこの気持ちを理解して、行き過ぎた画像修正をしないことを公言した。
宮内庁は13日、来年成人を迎える秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さま(18)が正装の際につけるティアラの製造業者を募る公告をホームページに掲載した。