arajin

男2人が逮捕。ある時には、「アラジン」を名乗る人物が実際に目の前に現れたこともあったという。
ネット上の感想では、「大人向け」だったとの声が多く寄せられている『アナ雪2』。2019年に公開された全ディズニー作品を分析してみると、大人が惹き込まれる理由に繋がる、“ある共通点”が見えてきた。
「スピーチレス~心の声」がワンカットで撮影されたことを明かし、「ジャスミンの動きをカメラが追うの、ノンストップでね。途中で止められない、動きながらの撮影よ」と話した。
「悪役の活躍する映画がすごく好きで、そういう役を演じたいと思っていました」と意気込みを語った
「差し入れ」は、場合によっては送った相手の「負担」になってしまうかもしれない…?
起用の決め手は、「ホール・ニュー・ワールド」の歌声だった