babi

青谷上寺地遺跡から発掘された約1800年前の頭骨を元にリアルな胸像を復元。SNS上では「あの人に似てる」と話題に。
様々な批判に、バービーを作るマテル社は「不十分だった」と回答しています。
6月22日(火)19時〜、オンラインイベント「Dream Studio#2」を開催。山里亮太さんや和田彩花さんらも出演し、みなさんと一緒に“インクルーシブ”な社会の実現に向けて話し合います。
PRESENTED BY BRIDGESTONE
相方のハジメさんは「本人の意思とはいえ、個人としては、さみしいというところです」と胸中を吐露。
「良い友達になるためには、耳を傾け、理解し、他人が困っていることに気付き、それを解決するために行動することが大切」
男性・女性それぞれの生きづらさから、SNSから見えてくるジェンダー問題まで、徹底的に語り合いました
大坂選手のバービーが加わったのは、マテル社のシーロー(強く尊敬される女性。she+hero)シリーズ。
マテル社は「世界で最も多様で包括的な人形をシリーズに加えることにワクワクしています」とコメントしています
人気ブロガーとTシャツでメッセージを伝えました
大抵の少女なら、全部自分のものにしたくなるだろう。しかし、ジャンニは違った。
映像は、8日放送の『ロンハー』の新企画「動けるおデブ女王決定戦!」のもの。
バービー人形を製造しているマテル社は、アメリカに3カ所ある水族館テーマパーク「シー・ワールド」のシャチトレーナーをするバービー人形を今後作らないことを明らかにした。
英語版の「GQ」誌は4月号で、バービー人形の生きたレプリカのような外見で有名になったウクライナ人のモデル、ヴァレリア・ルカノワさんを紹介する記事を掲載した。
アーティスト兼リサーチャーのニコライ・ラム氏は2013年6月、米国19歳女性の標準体型に基づいたバービー人形の3Dモデルを作成(日本語版記事)して話題になった。今度はそれを「ラミリー・ドール」と名づけて一般発売しようとしている。
一般のモデルはガリガリに痩せたイメージがあるが、最近は「プラスサイズ」のモデルに対する需要も増えてきている。こうしたモデルたちが起用される理由は、女性たちが憧れる体型の範囲を広げ、「成長市場」に向けて、プラスサイズの衣服を売り込むことだ(アメリカ人のうち、肥満と認定される人は35.7%にものぼるのだ)。こうしたなかで、「Plus-Size-Modeling.com」は2013年12月、「プラスサイズのバービー」人形の写真を「Facebook」に投稿した。
バービー人形が平均的な19歳の女性の体型で作られたとしたらどのように見えるかについては、すでにご紹介した(日本語版記事)。しかし、バービー人形の顔立ちを、リアルな女性の顔立ちとミックスしてみると、その結果に驚かされる。
バービーといえばこれまで、宇宙飛行士にドクター先生にプリンセスと、数々の変身を遂げてきた。しかし、タトゥー・アーティストは珍しい。
平均的な米国女性をモデルにした場合、バービーはどんな姿になるだろうか。