babi

「おめでとございます!お体大切に」「マタニティフォト面白すぎます」とお祝いのメッセージが寄せられました。
第96回米アカデミー賞の授賞式で、映画『バービー』で「ケン」を演じた俳優ライアン・ゴズリングが挿入歌「I'm Just Ken」の振り切ったパフォーマンスを披露し、来場者の注目をかっさらった。
想像以上に派手で、思わず笑っちゃいました。
ケン役で助演男優賞にノミネートされたゴズリングさんは、映画の立役者である2人の女性について「彼らの才能、意志力、そして天賦の才なくして、この映画は評価されない」と述べています
3人のバービーと3人のケンが登場。世界観まで作り込んでいて、リアルバービーワールドが広がっています。
「どういう風に(経血が)出るかわからなかったので、こんなに出続けるんだって驚いた」(バービーさんの夫・つーたんさん)。自身のYouTubeチャンネルで、つーたんさんと生理について語る動画が話題を呼んでいます。
「バービーを見て、彼氏と別れた私はバカですか?」映画を見た女性だけでなく男性もパートナーとの関係を考え直している。一体なぜ?
棺はもちろんピンク色。ふたの裏をバービー人形の写真で飾り、白い星の装飾も施してあります。
「原爆が戦争終結を早め、50万人のアメリカ人の命を救った」という神話はなぜ今もアメリカの社会規範であり続けるのか。核意識の形成に、エンタメが果たした役割とは。専門家に聞いた。