キャリア

悩める就活生集合!夢に向かって突き進んできたYouTuberのエミリンさん、就活時はやりたい仕事がなかったという食べチョク代表の秋元さん、そしてマイナビ副編集長の大塚さんとともに、就活生の悩みを話し合います。
PRESENTED BY マイナビ2022
育休の従業員への周知や意向確認を義務化。大企業には2023年から取得率公表も義務付けへ
会社経営者、フルリモート企業の広報、新卒社員…世代も立場も異なる3人が考える、これからの働き方。リモートワーク時代のチームワーク、個人やマネジメント層の意識改革とは。
PRESENTED BY 日本マイクロソフト株式会社
私には4歳と7歳の息子がいる。この子たちが大きくなる時に地球で暮らせるのだろうか?
「男女が家事や育児をフェアに分担しているのではなく、女性により大きな負担が課せられている」。コロナ禍で改めて浮き彫りに。
この一年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、新しい生活様式は私たちに有無を言わさず浸透していった。いまこそまさに、態勢の変化させることができる時ではないだろうか。
柔軟な働き方を認めることが、これからの人材獲得の決め手。人材不足に陥らないための改革のポイントを白河桃子さんが提示します
PRESENTED BY 日本マイクロソフト株式会社
人事制度を変えても、社員の意識や組織が変わらないなら、メンバーを変えるしかない?人材開発のプロ、ピョートル・フェリクス・グジバチさんは、メンバーが悪い習慣に戻れないように“背後の橋を燃やす”ことが重要だと言います。その真意は?株式会社 USEN-NEXT HOLDINGSの女性管理職が話を聞きました。
PRESENTED BY USEN-NEXT HOLDINGS
「産休」にあたる産後8週間に限定し、男性が育休取得しやすいように申請期限を短縮したり一時就労を可能とする仕組みを提案している。
コロナ禍の今、在宅で家族と過ごす時間が増え、「いばる夫」にモヤモヤを抱く人は多いのではないだろうか?