doragonsakura

『大豆田とわ子と三人の元夫』、『コントが始まる』、『今ここにある危機とぼくの好感度について』、『ドラゴン桜』、『イチケイのカラス』...。面白いドラマがたくさん放送中です。
登録も、視聴も無料。「参加したくてもできなかった」を解消してくれるオンラインサービスが人気です。
PRESENTED BY Innovation&Co.
前作の桜木の“金言”は、もはや時代錯誤だ。令和の時代に帰ってきた『ドラゴン桜』の物語はどんな展開になるのか。
4月9日、自身の誕生日に約15年前に出演したドラマ「ドラゴン桜」について触れました。
大手出版社である講談社を飛び出し、クリエーターを独自でマネジメントして、創作活動をサポートしていくエージェント「cork」(コルク)を立ち上げた、佐渡島庸平氏。
佐渡島氏は、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)など、さまざまなヒット漫画を世に送り出してきた敏腕編集者。