dv

【加藤藍子のコレを推したい、第8回】居場所が与えられない。取り返せない。サンドラたちの取り組みは、それなら「自分たちでつくってしまおう」というものだ。
生後すぐに子どもが殺される事件、表に出て責任を負わされるのは母親ばかりだ。「子どもは1人ではできないのに。本当におかしいですよね」と支援団体の女性は憤った。
片手で行え、声を出さず、加害者に気づかれにくい形で助けを求める方法として世界に広まっている。
いまコロナ禍による不安を抱える人に、どんな対策をすべきなのか? 15〜79歳の2万8000人を対象に行われた研究結果から見えてきたこと。
父親からの暴力に怯えていた子ども時代。私もあんな風に、誰かを絶望の淵に立たせてしまうのかもしれない。
支援団体は「制度のすき間に落ちている家庭がある」として、児童手当の制度に関する運用改善について提言することを予定しています。
大人になってから知った、親と子の間に理解と思いやりがある家族関係。そういう家庭を作れるなら、私もチャレンジしてみたいという欲が湧いてきたのだ。
「DVって身体の暴力のイメージがありましたけど、言葉の暴力もDVに入ると知った。そういうのは家でやると、ほかの方からはわからない。そういう方は悩まないでほしいなって思いました」
デモ隊は「女性は公共の場所や自分の家でさえ安全ではない」と訴え。ジェンダーに基づく暴力やフェミサイドに抗議している。