funatoyurihikoku

元夫は、裸の結愛さんを3時間浴槽の中に閉じ込めて放置。優里被告はその姿を目撃したものの、ショックで思い出せなくなっていたと弁護側は主張し、減刑を求めている。
保護責任者遺棄致死罪については、母親の優里被告の公判で語られた内容とほぼ一致していた。
東京地裁は母親の船戸優里被告に懲役8年の有罪判決を下した。10月1日からは父親・雄大被告の公判が始まる。
裁判では、量刑を決めるにあたり、妻に対する夫からの心理的DVをどう捉えるかに注目が集まっていた。
弁護人は虐待とDVの関連性を提示し「相継ぐ児童虐待を早期に発見し、二度と再びこのような悲劇を生まないために、 私たちはどのような努力をなすべきでしょうか」と裁判長を見つめた。
検察官は「どれほどの空腹や暴力による苦痛を感じ、死に至ったか。『自分だけ愛されていない』と自分の存在価値を否定される苦痛も味わったに違いありません」と断じた。
優里被告は、結愛ちゃんが亡くなったことの責任について「刑務所に、20年とか30年とか、入っただけじゃ償いにもならない。でも、死刑になったくらいでは、軽々しい。どうやって罪を償えばいいか分からない」と叫ぶように答えた。
結愛ちゃんから“じいじ”と呼ばれ、慕われていた祖父。虐待死するまで、娘夫婦の家庭環境の変化に気が付いていなかったことを目に涙を浮かべて悔やんだ。
優里被告は最後に「結愛をぼろぼろにして死なせてしまった事への罰はしっかり受けたいと思います」と述べ、一礼した。判決は9月17日に言い渡される予定だ。
6人の裁判員は、「なぜ結愛ちゃんの顔を見るのが怖かったのか」など、公判で語られた優里被告の受け答えに対する疑問をぶつけた。
母親の優里被告は、結愛ちゃんが「ゆるして」と書いた手紙を読みながら助けなかった自分に「私と雄大が結愛を追い込んでいたとしか思わないです」と語った。
DV、暴力を振るわれている認識はなかったという優里被告。 ただ家族の異常を「もう自分では、このおかしさを変えられない」
急激に体重を落とした5歳の船戸結愛ちゃん。父親の暴力を恐れた母親の優里被告は、隠れて食べ物をあげるときも「袋を開けて音がしないもの」を選んでいたという。
通報15分前、結愛ちゃんは「お腹が痛い」と繰り返し、まぶたを閉じたまま開かなくなった。
東京消防庁の記録には「子どもの心臓が止まったかもしれません。目は開いているんですけど……」という父親・雄大被告の119番通報が残っていた。
夫から「太った女は醜い」と言われ続け、目の前で食事ができず過食嘔吐を繰り返したという船戸優里被告。そのSOSはなぜいかされなかったのか。
母親の責任の程度、子どもを死に至らしめた役割の重要性などを検察側は言及した。
法廷には声を押し殺した泣き声が響いた。「結愛も私も、雄大から…報復されるのが怖くて、それで、私の……私が通報しません…できなかったんです」