harasumento

「この件は『ロースクールに同性愛の学生がいるとは思いませんでした』では済まない話です」(原告代理人弁護士・南和行氏)
セクハラやモラハラなど、多種多様なハラスメントが横行する現代。そんな中、また新しいハラスメントが。無理やり食べさせようとする「食ハラ」が存在するようだ。
多くの若者が不本意に「非正規」となり、技能や能力を高める機会を得られないまま、不安定雇用が続き、将来設計を描けずにいます。
モスバーガー東飯田橋店の店舗前に11月11日、中国人の女性に対しての暴言が黒板に書かれていた問題で、運営元のモスフードサービスは12日、謝罪した。
世界中の女性が経験しているストリート・ハラスメント。その実態を調べるため、女性にカメラをつけて10時間歩いてもらったところ、100回を超えるストリート・ハラスメントを受けていた。
ここしばらく、「ゲーマーゲート」のニュースを毎日のように目にする。個人情報の暴露、殺害予告、広告主への圧力...。ネット上で立て続けに発生する〝事件〟。しかも話が入り組んでいてわかりにくい。一体、何が起きていて、どこまで広がるのか?
最近ネットやテレビで「家事ハラ」なる言葉をよく目にするようになった。これは家事を手伝った夫に対して妻がダメ出しすることを言うらしいのだ。それに対する「手伝うってなんじゃコラァ」「ハラスメントってなんじゃボケェ」みたいなことはたぶんもう言いつくされてると思うのでその辺は各自ググればよろしいかと思う。それより今日はうちの打たれ強すぎる夫について書こうと思う。私の夫はベトクサ星からやってきたベトクサ星人*1なので私ら地球人とは少し考え方が違うようなのだ。
ノルマが達成できないと人として扱われない--。手と受話器を粘着テープで巻きつけられ、立ったまま電話。34歳の男性が語ったパワハラの内容とは…。
「スメハラ」(スメルハラスメント)という言葉が急速に広がっている。スメハラとは、体臭や口臭など臭いによって周囲に不快感を与えることだが、香り付きの柔軟剤によって体調を崩したという相談が急増しているという。