hinansho

少量の水で衣服を洗濯する方法とは……?警視庁災害対策課のライフハックが話題
警視庁災害対策課が「新聞紙でスリッパを作る方法」を発信。災害時に避難所で生活する際に役立ちます。
給水車の水をペットボトルに入れる時、ホースや蛇口が大きい場合があるそうです。対処法を警視庁が発信しました。【能登半島地震】
能登半島地震の被災地では車中泊を続ける被災者もいます。「エコノミークラス症候群」にならないための「足の指」の運動を、警視庁が公開しました。
長期保管されたカセットボンベはガス漏れが発生する可能性。防災備蓄品としても推奨されていますが、能登半島地震受け、国民生活センターが注意を呼びかけました。
警視庁災害対策課が毛布を使って体を温めるライフハックを2つ発信しました。災害時、避難所などで活用できそうです。
災害や防災に役立つライフハックを発信する警視庁災害対策課。「令和6年能登半島地震」を受け、同課発信の「避難所で役立つライフハック」を5つ紹介する。
押入れに眠っているスーツケースが災害時に役立つかもしれません。警視庁災害対策課がTwitterで活用方法を発信しました。さまざまな防災グッズを入れられます。
警視庁災害対策課のツイートが話題です。キャンプや避難所で使える、柱に荷物を吊るせる方法を発信しています。
専門家は「災害時は、性的マイノリティーが従来抱えてきた差別や偏見、社会制度の問題が、改めて浮き彫りになる。避難所を運営する自治体などには、職員の研修を強化し、まずは根本的な問題を把握してほしい」と指摘します。