hirari-kurinton

「ロシアは情報をくれなかったと言っている!」
「ヒラリー芸人」として活躍する石井てる美さんは、東大から外資コンサル「マッキンゼー」を経て、お笑い芸人に転じたという異色の経歴を持つ。なぜ、エリート街道を捨てて芸人の道へ?
上下両院は1月6日に議会を開き、選挙人の票を集計することになる。
「Facebook社は、ようやく偽ニュース問題を受け入れる意向を示した」
「なぜ俺のビジネスが違法だって言えるんだ?」
「ロシアなのか中国なのか他の誰かがやったのかは分からない」
「トランプ氏も議会には、悩まされることになるだろう」
このレストランは、「ピザ・ゲート」という陰謀論で知られている。
これまでのアジア太平洋地域における国際秩序の根幹を揺るがすような「変化」が起こる可能性を覚悟せねばならないでしょう。
「悪夢のシナリオ」もありうると予想する池上氏に、大統領選の様子を振り返り、今後を展望してもらった。
添付されている写真だけを見て、その写真に至るまでの過程、つまり「前」と写真の先に何が起きたのか、つまり「後」を想像して頂きたいのです。
日本の社会、企業や組織における女性の活躍を推進していく上でも、バイアス(偏見)をどう乗り越えていくのかという点は極めて重要である。
2020年、トランプ氏に挑むかもしれない。
米議会においてトランプ氏勝利の影響を最も大きく受けた共和党政治家はポール・ライアン下院議長(ウィスコンシン州第1区選出)であろう。
「ステロイドを使っている相手と闘っていたようなものだ」
選挙後の変化はどうして?
まったくの虚偽、あるいはミスリードしている「ニュース」を流している6つの例を紹介する。
なぜこういう結果になったのか、そしてこれからどうすべきなのか?
フランスの人類学者エマニュエル・トッド氏は、アメリカ大統領選前に「トランプ氏は真実を語っている」と語っていた。
よーく見るとかすかに……。