hyogennokorekara

TwitterやLINEはつながりや情報を求めていた時代に広まった。新型コロナが拡大するなか、私たちに必要だったのは、Zoomではなかったのかもしれない。一方、課題もある。
陰謀論を「妄想」と片付けるのはたやすいが、そう簡単な話でもない。アフター・トランプ時代の根深い分断を乗り越え、民主主義を維持するために。「宗教」の価値を再考することを提案してみたい。
作品を海外に移したり、香港を離れることを選択する香港のアーティストたち。政治的なメッセージを含んだ作品の制作を控えるなど自己検閲が強まる中、阿塗さんは香港にとどまり心のままに制作を続ける。
社会課題などについても自身の意見を積極的に発信する秋元才加さん。苦しみも喜びも味わったAKB48卒業から7年、今考えていること。
同時公開されたメイキングムービーは、学生たちの実際の声をもとに制作されたといい、CMからはうかがえない中高生たちの不安や寂しさ、葛藤や焦燥が浮かぶ。
言葉を用いて説明する際、情報を待ち構える側が微動だにせずに、自分のお気に入りの情報、そして、わかりやすい情報だけを得るようになった。
あいちトレエンナーレ「表現の不自由展・その後」など、公的機関から「検閲もどき」の介入を受けている現代アートと「公共性」の関係を考察することで、ネット時代における「自由」と「公共」について論じてみたい。
段ボールに入った子犬。飼い主の親子が「親切な人に見つけてもらってね」と語りかけると……。
個人の責任で言葉をネットワーク上に発信することが、すべての人にとって、必須のスキル。メディアや広報の仕事だけではなく、「企画職」や「営業職」の方も同じです。
陰謀論を信じたくなってしまう人に対して、エビデンスを並べて『論破』するのは前提として絶対に必要だけれど、それだけでは、やはり決定打になり得ない。
「表現の自由」と議員としての発言、女性差別と「保守」について。問題発言も多い杉田水脈議員は、そもそもどのように考えているのか?インタビューで聞いた。
自助グループの情報は芸能人の逮捕に比べると、非常に地味だが、具体的だ。これからの薬物報道は、科学的なエビデンスを的確に伝え、追い込むことよりも病気からの回復を支援するものに変えていかなければいけない。
コミュニティーの中で「忘れられた」人や「許されざる者」と考えられている人を受け入れることで、私たちはコミュニティとしてより強くなれるーー。映画『キャッツ』のトム・フーパー監督は、作品に込めたメッセージについてこう語ります。
芸能人の相次ぐ不倫報道だけでなく、薬物報道にも言えることかもしれない...。
スーパーボウルのキックオフ前、デミ・ロヴァートさんは10年前のある投稿をシェアした。夢を叶えたロヴァートさんの10年間は、決して平坦なものではなかった。
会場にお客様をお呼びしてのイベントは中止し、ライブ配信(TwitterとYouTubeを検討しています)に切り替えさせて頂くことになりました。
キャンペーン第2弾の開始に合わせて、「僕が阪神淡路大震災の当時瓦礫の下から助け出された人間だからです」と投稿した。
世界各国でPRバトルを繰り広げる「バーガーキング」と「マクドナルド」。閉店するマックへのバーガーキングの広告について、両社に取材しました🍔