ikebukurobosojiko

誹謗中傷を受けた当事者や家族としての思い、当事者側と社会の受け止め方のずれなどについて、語り合う機会を設けた。
日々の生活で「すぐ活動のこと、事故のことに絡めて考えている」。事故防止活動や誹謗中傷への対処、SNSの使い方など、いまの松永さんの「日常」を追った。
事件事故の被害者と加害者の垣根なく支援を目的にした団体が発足しました。分断や対立を煽るのではなく、双方が生きやすい社会作りの大切さを訴えています。
被告が控訴せず、禁錮5年の実刑判決が確定。遺族は最後の記者会見で「2人が愛してくれた私らしく生きていける」と語った。
妻・真菜さんと長女・莉子ちゃんを失った松永拓也さんがブログを公開。心からの感謝と交通事故防止への思いをつづりました。
池袋暴走事故で、東京地裁が被告に禁固5年の判決を言い渡しました。判決要旨の全文を掲載します。
東京地裁で被告人に禁錮5年の判決。妻と娘を失った松永拓也さんら遺族が司法記者クラブで会見を開きました。
判決の言い渡し後、裁判長が説諭。「裁判所の認定に納得できたのであれば、被害者や遺族に自らの過失と責任を認めた上で、真摯に謝っていただきたい」と諭した。
検察側は禁錮7年、弁護側は無罪をそれぞれ主張していた。過失の認定や、反省の念、飯塚被告に有利な事情は。
2019年4月の事故から約2年半。2020年10月の初公判から約1年で判決を迎えた。