iruka

ロシアがウクライナに軍事侵攻を開始して、6月3日で100日を迎えた。この間には、イルカなど海洋生物への被害も指摘されている。
アメリカではイルカに対する嫌がらせは海洋哺乳類保護法違反。連邦当局がこの事件について捜査している。
同じ方向に向かって泳ぐイルカ、イルカ、イルカ…これは圧巻の光景です
世界遺産にも登録されている「サン・マルコ広場」から数百メートルの場所で目撃されました。
観光ガイドも驚き「このように水面を頭を出したり下げたりしているのは見たことがありません」
政府は一部のイルカを解剖し、「死因と油流出との関連は確認されていない」と発表した。
イルカ17頭が見つかったのは、日本企業の貨物船が座礁し、燃料油が流出した現場に近い同国南東部の海岸周辺。
園によると、推定43歳。国内で飼育されているハンドウイルカでは4番目に高齢だった。
「問題は追い込み漁の禁止ではなく、“水族館そのもののあり方”」
「まさか、イルカ観測することになるとは…」通信のための技術が切り開いた新境地