jikokoteikan

「私は自分に対して『よくやった』と思ったことがなく、いつも『私はダメだ』とか、『もっとうまくできたはずだ』と思ってしまいます」
子どものむし⻭の本数が年々減少している一方で、むし⻭がたくさんできて「口腔崩壊」に なる子どもたちもいるという深刻な現実がある。 子どものお口の健康と自己肯定感の向上のために、何ができる?ライオン株式会社の取り組みに迫る。
PRESENTED BY ライオン株式会社
見知らぬ人からの暴言で、自信を持てなくなったイラストレーターの女性。その実体験を描いた漫画に、共感の渦が巻き起こっています。
「自分を好きになれない自分」を変えたくて歯痒いけれど、変え方がわからない。そんな人が多いはず。でも大丈夫です! 自分を好きになる方法はあります。
「今までの自分は、言ってみれば質問に答えるだけの人。多分、嫌われることが怖くて、自分からぐいぐい行ったらウザがられるんじゃないか?ってことばかり気にしてたんですね」
PRESENTED BY エン・ジャパン
恥ずかしいなんて思わないで。それは、自分の中で、自分は大切な存在だってことを、再確認する時間だから。
「自己肯定感が高い=自信がある」と思っている人は多いかもしれませんが...。
少年院を出院後、再び非行・犯罪に走る少年たちが問題となっている。矯正教育で、今何が求められているのか。
自分を必要としてくれる居場所ができて、存在意義を自分でつくれるようになると、無理に目立つ必要がなくなった。
かつて否定された「自分らしさ」は今、その定義が変わり、自身や周囲の人にとって大切なものになった。
内容が世間で思われているイメージと異なり、子ども達にとってポジティブだったのは嬉しいことです。
好奇心を育て、探求を深め、新たな知識・技術を獲得して認識を飛躍させるプロセスを大切にしたい。その土台となるのが「自己肯定感」です。