kaminguauto

カミングアウトは必須ではなく、本人が決めることだ。ただ、差別や偏見が根強い社会においては、自分の性のあり方について伝えたくても伝えることを躊躇してしまうことも少なくない。
ゲイだと伝えた後の「タブー期」を経て、恋人のことをオープンに話せるまでの道のり。
理解しているようで分かっていない「LGBT」に関する知識。人事担当者が知ることをやめないために考えたいこと。
鈴木知事は「当事者を傷つけるだけでなく、家族関係や就労環境を不安定なものにしたり、友人との人間関係を分断し、孤立に追い込んだりしかねない」と述べた。
ラグビーW杯に合わせた約2週間の来日。街で手をつなぐ同性カップルを見かけなかったことが気がかりという。
「ふつう」に対応されることの嬉しさを感じつつ、「引っかかりポイント」もいくつかあったので、この経験を備忘録として残したいと思います。
「例え、学校や家族に反対されたとしても、世界は広いよ。必ずあなたを受け入れてくれる人が居る」
下山田選手「好きな人を好きなままでいいし、今の自分のままでこのチームにいていいんだと思えた。安心できた」
他者が本人の意思に反して公表する「アウティング」や、本人が公表しようとした場合に親族らが阻むことを禁じた。
LGBTは見えにくい存在であるのと同様に、LGBTや多様な性について理解のある人もまた見えにくい。