keisatsucho

「今の姿」が公開されたのは、見立真一、小暮洋史、小原勝幸、上地恵栄、宮内雄大の5重要指名手配容疑者。
「カード会社に令状なしで情報提供を求めるの控えて」山尾志桜里議員の質問に明確には答えず
警察庁が7月20日に発表した、2017年上半期(1月〜6月)に警察官や警察職員に対する懲戒処分数の中で、一番多かった理由は「異性関係」だった。
売春強要など人身取引の被害にあった日本人が過去最多となりました。
「明確な規制対象となっていればそれだけで警視庁が捜査を進めることができたかもしれない」(紀藤正樹弁護士)
政府全体としても、各府省単位でも、全体を俯瞰して重点的に予算を配分するという視点が求められる。
自転車で信号無視や酒酔い運転などの「危険行為」を繰り返して検挙されると、安全講習を受講することが6月1日から義務化された。
14日に投開票される衆院選で、警察庁は13日、全国で約70件の選挙違反事件を本格捜査し、関係者約130人を取り調べると発表した。買収容疑や詐偽投票容疑などで投票終了後に着手する。2年前の衆院選と比べて約40事件、約150人少ない。
2013年の1年間に全国の警察が摘発、補導した少年事件のうち、いじめが原因のものは410件で、前年より約60%増えたことが2月27日、警察庁のまとめでわかった。統計のある1984年以降、3番目の多さだという。
車両の速度違反を自動的に取り締まる装置「オービス」を使ったスピード違反の摘発件数が、2割近く減少していることが分かった。理由は何か?