kinkyujitaisengen

英語で「東京のラッシュ・アワーは世界的に有名ですが、COVID-19による緊急事態宣言下で奇跡的に姿を消した」と呟かれていた。
当初は「酒類販売事業者に対して、酒類提供停止を伴う休業要請等に応じない飲食店との酒類の取引を行わないよう要請」する方針でした。政府は7月13日にこの方針を撤回しました。
「観客数は五者協議で検討する」。宣言発令を事前報告する衆院の議院運営委員会で質問に答えた。
東京都でも、酒類提供の自粛要請が緩和されます。「2人以内で90分まで」などのルールや、「感染防止徹底宣言ステッカーを店舗に掲示している」などの条件が定められています。どんな対応が必要なのでしょうか。
東京、大阪など9都道府県は「緊急事態宣言」が解除され、うち7都道府県は「まん延防止等重点措置」に移行する見通し。対象地域や罰則などの内容をまとめた。
「(若い人の間で)緊急事態宣言が出ているか、出ていないか知らない子も多い。これが現状なんだと思います」と危機感をあらわに。NHKのニュース番組での対談が反響を呼んでいる。
「緊急事態宣言下で、複数の競技のテスト大会が成功した。アスリートや日本の人々の安全や安心を守るために設定した全ての計画は、最悪の事態を想定したもの」