美術館・展覧会・ミュージアム

サイクルが長期間のため、伝承が難しい津波災害。例えば、お祭りのような地元の文化的な行事に落とし込むことで、防災・減災につなげることができるのではないか。
かつてはオスカー・ワイルドが収監されたレディング旧刑務所がなぜ選ばれ、なぜこのタイミングだったのか? そこには、ある草の根的な政治的・文化的運動を、バンクシーが後押しする狙いがあった。ロンドン在住の専門家による寄稿です。
バンクシー本人が公開した動画には、暗闇で制作する場面から、「脱獄者」の壁画が見つかった後までが映されている。本人はずっと現場にいたのかも。
この施設はかつて、詩人のオスカー・ワイルドが投獄されていたことで知られる。バンクシー本人の作品かどうかは、まだ確認されていない。
「イギリスで最も急坂な住宅地」に出現。マスクを付けない人々への警鐘か?
ハフポストUS版の問い合わせに、代理人が1単語で回答しました
地元議会が透明なカバーで作品を保護したものの、少なくとも2度、スプレーペイントの標的にされていた。
新しい飼い主に引き取られていった茶トラの「ゴッちゃん」が広島県の尾道市立美術館を訪れました。ともに警備員に挑んだ黒猫「ケンちゃん」と久々の再会です。
自身のインスタグラムに作品の写真を投稿。「本物?」と飛び交っていた憶測に、作者自ら終止符を打ちました
コロナ禍で、世界の多くのミュージアムがバーチャルでの「映像ツアー」をオンラインで発信している。ヴィクトリア&アルバート美術館『KIMONO』展を通して、リアルなアート鑑賞と映像ツアーの体験の違いについて、ロンドン在住の美術家・吉荒夕記さんが考察します。