美術館・展覧会・ミュージアム

劇場版「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」の公開を待つコナンファンだけでなく、ゴッホ好きの人やモネの「睡蓮の池」に興味がある人も必見です。
地球規模の環境危機に対し、アーティストたちはどんな視点で向き合ってきたのか。「私たちのエコロジー」「オラファー・エリアソン展」など、東京の美術館・ギャラリーで見ておきたい展覧会をピックアップ。
入場者数30万人を突破するなど、好況が続く「モネ 連作の情景」。睡蓮などで知られる印象派の画家は今も日本で人気が高く、1月12日から開館時間が延長されることになった。
上野で開催中のモネ展や和食展から、森美術館の「私たちのエコロジー」まで。冬の間に訪れたい東京の美術館・博物館についてまとめました。
印象派を代表する画家のひとり、クロード・モネの絵画だけを集めた展覧会「モネ 連作の情景」が、東京・上野の森美術館で来年1月28日まで開かれている。
ポケモンの人気キャラクターたちが、ゴッホの代表作に溶け込んだ新しい絵画です😊
「自由な会話を使ったアート鑑賞」という独自の手法を編み出した、全盲の白鳥建二さん。その姿を追ったドキュメンタリーには、白鳥さんと出会った人たちの「見える・見えない」の先にある、「見ようとする」姿勢が描かれる。
作品のタイトルは「バレンタインデー・マスカラ」。歯が抜け目が腫れた主婦が描かれている
スプレー缶を吹き付け、作品を作るグレーのパーカーを着た人物。バンクシーがウクライナでの作品過程を公開しました
イギリスのメディアはこの絵について「ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に似た男性が、少年との柔道の試合で、ひっくり返されている様子が描かれている」と伝えている。