nagasaki

7歳の時、広島市で被爆した児玉三智子さん。強調したのは、被爆から生き延びたあとでも受け続けた、傷のことだった。核兵器禁止条約への思いを語った。
被爆アオギリの下で被爆体験を伝えた故・沼田鈴子さんのメッセージを伝える映画。制作への支援を呼びかけている。
4カ月の休業中に変化した「意識」とは。ハウステンボス・坂口社長に聞いた
「応募動機の400字詰めの文章が、思いがこもりすぎた結果1500字になってしまった」
長崎市の爆心地公園でスピーチ。「核兵器は、世界や国家の安全の脅かす脅威から私たちを守ってくれるものではない」と述べました。
「あんまり大きくて、思わずにやけた」と寄贈先の水族館職員。
この後は、九州北部や関東南部で次々と開花する予想です。
背中一面に大やけどを負った谷口さんは、入院中に撮影された赤い背中の写真とともに、国内外で核兵器廃絶を訴え続けた。