nagasaki

長崎に米軍の原爆が投下されてから77年。8月9日、爆心地近くにある長崎市の平和公園で平和祈念式典が開かれました。
長崎に原爆が投下されてから77年。7万人以上が犠牲になった長崎への原爆投下について、写真で振り返ります。
記者側は、取材の過程で性暴力があり、部長という職務上の立場を利用した職権乱用と主張していました。
広島・長崎市長は連名で、「地球上に、広島、長崎に続く、第三の戦争被爆地を生むことは絶対にあってはならない」とプーチン大統領に抗議文を送った。
ネパール国籍の男性がケガの適切な治療を受けられず、寝たきりになったと訴えています。
「少し前に会場に着いていたが、結果的に時間管理上の問題で遅刻してしまった」
7万人以上が犠牲になったと言われる、長崎市への原爆投下。凄惨な記録を振り返ります。
約600万人のユダヤ人が殺害されたホロコースト。歴史上でも前例のない残虐な出来事は、私の祖父や父の時代の「現実」だった━━。ユダヤ系アメリカ人のライアン・ゴールドスティン弁護士は、世界基準の人権意識の必要性を指摘します。
7歳の時、広島市で被爆した児玉三智子さん。強調したのは、被爆から生き延びたあとでも受け続けた、傷のことだった。核兵器禁止条約への思いを語った。