sagi

若い世代の被害が多い「モノなしマルチ商法」、知り合いからの「投資商品」の勧誘など。お金にまつわる情報で気をつけるべきポイントは?金融リテラシーの専門家に聞きました。
ゆうちょ銀行を騙るフィッシングメールが確認されているとして、同行が不審なメールの事例を挙げて注意を呼びかけている。
「パスポートを取り上げられ、車でシアヌークビルへ連れて行かれた。詐欺だと気づいたので車を飛び出し逃げた」。別の男性は3ヶ月間ミャンマーに留め置かれ、多額の借金を返済するまで離れることはできないと通告されたという
「お金がないことを理由にあきらめたくない」「仕事を掛け持ちしているが追いつかないのが現実です」など虚偽の文章をCFサイトに投稿し、支援金を募っていました。
男性は、ガールズバーで飲食し、料金約5万5千円を故意に支払わなかったとして詐欺罪に問われたが…
偽サイトで視聴しようとすると、アカウント作成の名目でIDやパスワード、氏名、クレジットカード番号などの入力が求められる。
同様の手口で狙われたとの相談が複数の店からあり、福岡県警、西署は余罪があるとみて調べている。
特殊詐欺の被害を防ごうと、愛知県警南署と名古屋市の南区防犯協会が報奨金制度を始める。
親子は東京都あきる野市の80代の自営業男性に、息子を装って電話をかけ、現金をだまし取ろうとした疑いがある。
女は午前2時半ごろ、JR戸塚駅からタクシーに乗り、約8時間かけてJR鳥取駅付近まで運転させ、乗車料金23万6690円を支払わなかった疑いがある。