sebun-irebun

人気アニメ「エヴァンゲリオン」とタイアップしたスポーツカーが発売されることになった。光岡自動車の「オロチ」の特別使用車で、発売されるのは1台のみ。値段は税込み1600万円だ。
セブン&アイが、同グループのネット通販の注文したものを、最速で当日中にセブン-イレブンで受け取れるサービスを始めることが分かった。
厚生労働省が5月2日に発表した3月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.02ポイント上昇した1.07倍で16カ月連続で改善し、2007年6月以来、6年9カ月ぶりの高水準となった。求人倍率上昇の裏で、飲食や小売り店、建設業などで人手不足の懸念が高まっている。
JR西日本の駅構内にあるキヨスクなど約500の売店が、全てコンビニ最大手の「セブン―イレブン」に切り替わることが3月27日に分かった。
高タンパク、低カロリーのダイエット食として、ネットでじわじわ人気となっていたセブン-イレブンの「サラダチキン」。あまりの売れ行きに生産が間に合わず販売が停止されている。現在は店頭に並ぶ在庫のみ。忘年会や新年会などついついカロリー過多になりがちのシーズンをひかえ、ダイエットをする人たちからは残念がる声が上がっていたが、セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区)によると、時期は明確ではないが、来年から販売が再開されることになったという
人気漫画「黒子のバスケ」のキャラクター商品に毒物が混入されていた問題で、商品が陳列されていたコンビニの防犯カメラに不審な人物が映っていたことが判明した。警視庁は、この人物が事件に関わった疑いがあるとみて捜査を進めている。
人気漫画「黒子のバスケ」をめぐって作者に恨みがあるという人物から「毒入りの菓子を店頭に置いた」とする手紙がコンビニ最大手のセブン―イレブンに届いている問題で、手紙の差出人の名前が「怪人801面相」となっていたことに、ネット上で「センスない」と、失笑が広がっている。
セブンイレブンから「黒子のバスケ」の玩具つき菓子「ボイコレ 黒子のバスケウエハース2」が撤去された。背景には作者に「恨み」があるとみられる者からの脅迫があったようだ。
廃棄前の弁当などを値下げする「見切り販売」をしないようにフランチャイズ加盟店に強制したとして、コンビニ最大手セブン-イレブン・ジャパンに賠償が命じられた。この判決は妥当とする意見が多いようだが、ブランドイメージを考えると難しいという意見もあるようだ。