sekandokyaria

プロ野球・西武ライオンズの中継ぎ投手だった野田昇吾さんは、ボートレーサーへの道を歩み始める。まだ果たせていない使命のために。
「とにかくやれることを全力でやっていき、後々は芸人のセカンドキャリアを応援出来るようなサービスもやっていきたいと考えています。」
「ひめたん」の愛称でファンから親しまれた中元日芽香さん。アイドル時代のファンからも喜びの声が多く寄せられています。
トランポリン北京五輪4位の外村哲也さん、車いすマラソンのアテネ、ロンドンパラリンピック代表の花岡伸和さんに、聞いた。
全てを実現できる場所を求めて茨城ロボッツに移籍。どうやって実現させるのか。
人生100年時代にシニアと企業が抱える「見えない不安」。払拭のために必要なものは
PRESENTED BY リクルート
高卒でプロ入りした大津祐樹が、大学生を支援することで壊したい“壁”とは。一方、現役選手がビジネスを始めるとあがる批判の声は、どう受け止めているのか。
バレーボール⇒ビーチバレー⇒ビーチテニス。3つのスポーツを渡り歩いたマルチアスリートは、常に頂点を目指している。
Airbnbのアスリートのセカンドキャリア支援の発表会見に登壇。ハフポスト日本版などのインタビューにも応じた。