senkyo

80年間一度も投票を欠かしたことがないという元教師のランプキンさん。新型コロナでも必ず投票する理由は……
自民党総裁選に立候補を表明した岸田氏。安倍晋三政権への直接的な批判は避けたが、路線の違いは明らかだった。3つのポイント。
とっつきにくいニュースも、よくわからないニュースも、“下世話に”気になったことから調べてみると面白くなる。新聞13紙を読み比べる時事芸人・プチ鹿島さん流の「ニュースの楽しみ方」を紹介します。
出口調査は確かに参考になるが、それが全てではない。「8時当確」への布石はそのずっと前から始まっているのだ。
7月5日は、東京都知事選の投開票日。2013年のネット選挙解禁から7年、「withコロナ」の時代に、選挙は大きな転換点を迎えている。
「緊急政策」として、新型コロナウイルス感染拡大による経済的な損失を補填する給付金などを掲げた。
河井克行氏を6月17日の国会閉会後に公選法違反容疑で立件する方向で最終調整に入ったとみられる。案里氏も立件する方針を固めたという。
第21代総選挙は、歴代最も多い女性候補者たちが挑戦し、最も多い女性候補者たちが当選した選挙となった。