shogi

将棋の三浦弘行九段(42)が、過去の対局中に将棋ソフトを使って不正をした疑いがあるとされた問題で、日本将棋連盟が設置した第三者調査委員会は12月26日、「不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はないと判断した」発表した。
チェスや将棋に比べても、手順が複雑な囲碁は「人間の最後の砦」だ…。
「午後2時からの対局を午後7時だと思っていました」
疑惑をめぐっては報道内容と三浦九段の主張が互いに食い違っており、事態は泥沼化している。
指し手の不自然さを日本将棋連盟の幹部に訴え、対応を求めていた。
竜王戦挑戦者の三浦弘行九段は、対局中のスマホなどの使用を否定。
10月8日から10日の3日間、コンピューター将棋の熱きバトル「第4回将棋電王トーナメント」が行われました。
羽海野チカ氏原作の人気漫画を実写化する映画『3月のライオン』で主人公・桐山零を演じる神木隆之介のキャラクター写真が24日、解禁された。
将棋の名人戦の第5局が5月31日、山形県天童市内のホテルで開かれ、挑戦者の佐藤天彦(さとう・あまひこ)八段が羽生善治名人に100手で勝ち、4勝1敗で初の名人位を獲得した。
羽生善治名人が「叡王戦」で優勝すると、「電王戦」の出場権が得られる。
先日10月10日に情報処理学会が「コンピュータ将棋プロジェクトの終了宣言」を発表、電王戦のこれまでを振り返りながらその真相を探りました。
直観的な戦略決定は、大脳の帯状皮質と呼ばれる領域を中心に行われている可能性が高い。国立研究開発法人理化学研究所が将棋の棋士を対象にした研究で突き止めた。
プロ棋士とコンピューターソフトによる将棋の「電王戦」第5局は人間が勝利した。阿久津八段が通称「嵌め手(ハメ手)」と呼ばれる奇襲手を指し、対局開始から1時間も経たずに終局した。
3月8日にNHKで放送された、将棋のNHK杯準決勝、行方尚史八段対橋本崇載八段の一局で、珍しい事態が起こった。中盤から終盤に差し掛かる、白熱した展開の中、後手の橋本八段が、反則となる「二歩」を打って突如、幕切れとなった。
将棋のアマチュア強豪で、会社員の今泉健司さん(41)がプロ編入試験に合格。27年がかりの夢をかなえた。
長男を観察してる限り、テレビ・iPhone・iPadのアプリなどは益より害の方が大きいように思えた、という話。