shokuhinrosu

まさに逆転の発想。「絶妙なネーミングセンス」「闇落ちして敬遠されるのに実は甘いって、キャラとして良すぎる」と称賛の声が挙がっています。
本物そっくりのネタの中に、人の鼻や指が混ざっている。一体なぜ?作者のはまさんに尋ねました。
“もったいない”の精神に魅せられたダーヴィド・グロス監督が、日本のフードロス解決のヒントを探していく映画『もったいないキッチン』。フードアクティビストでもある監督の目から見た with コロナ時代の食のあり方とは?
旬の野菜や果物、お肉などが届く「定期便」は、ボリュームもあってお得。ふるさと納税で節税しながら、食品ロスの削減に協力してみませんか。
ハフコレ編集部
日本の食品ロスの1割をマッチングできれば、全国の子どもの7人に1人に1年間ほぼ毎日給食一食分の食品を届けることができます。
節分が過ぎて売れ残った大豆と、バレンタインデーが過ぎて売れ残ったチョコレートから作ったお菓子がネット通販サイト「ロスゼロ」で売り出される。
タレントのフィフィさんが、賞味期限切れとなったコンビニ弁当の廃棄について疑問を投げ掛けている。