shukanshonenjanpu

作者の芥見下々(あくたみげげ)氏は、「ただただお待たせして申し訳ないです。復帰からは新連載のつもりで頑張ります」とコメントを発表した。
初日から10日間(25日まで)の興行収入が10,754,232,550 円、動員数7,983,442人を記録した。
同作は、人気アニメの劇場版ということもあって全国403館での公開スタート。各劇場とも一日の上映回数が多く、20~30回を超える上映回数になっていた。
「被害に遭われた方が声を上げたこと、苦痛を我慢して痴漢行為や性犯罪に対して泣き寝入りしなかったことは決して間違いではありません。正しいことが正しく行われた結果です」と自らの考えをつづった。
原作者が強制わいせつ容疑で8月8日に逮捕。今後、ジャンプ編集部は作画担当の宇佐崎しろさんをサポートするという。
再アニメ化に対する歓喜の声は瞬く間に広がり、発表から1時間経たずで早くもツイッターでトレンド1位に。
集英社が運営する総合電子書店『ゼブラック』および、e-Story(チャットノベル)アプリ『TanZak』では20日から先行配信される。
週刊少年ジャンプの人気連載『鬼滅の刃(きめつのやいば)』。テレビでのアニメ放送終了後もNetflix、Amazonプライムなど20もの配信サイトで展開し、異例のヒットが続いている。
「女性ファッション誌の編集部であれば、性別関係なく女性のおしゃれ心を理解できることが必要ですし、少年マンガであれば少年の心がわかることが大切でしょう」