shushokukatsudo

社会問題となっている「就活セクハラ」。日本労働弁護団が無料で相談を受け付けています。悩んでいる人は利用してみてください。
ここ数年の急激な変化の中、採用に成功している会社に共通するのは、「採用の解像度」が高いことだ。
PRESENTED BY Thinkings株式会社
職業人生は、長い。決まったキャリアはなく、すべて自分次第だ。だからこそ、さまざまな局面で、迷い、悩む人も少なくないだろう。いま悩んでいる人へ、4人のストーリーが最良のヒントになるはずだ。
PRESENTED BY USEN-NEXT HOLDINGS
YouTuberエミリンさん、食べチョク代表の秋元さん、マイナビ副編集長の大塚さんとともに、「就活相談ライブ」で、就活生のリアルな悩みを聞きました。
PRESENTED BY マイナビ2022
就職ウォーカー2022presents「 SDGs企業研究セミナー」が開催され、200人の学生が集まりました。
今後「変わるのは就職活動だけではない」と指摘する吉井伯榮さん。新たに求められる人材と就活を乗り切るための5つのポイントについて聞いた。
「ドラゴンボールの一巻で、いきなり魔人ブウを倒せるのか、フリーザを倒せるのかっていう話です」ーー。キャンペーンの仕掛け人、ワンキャリアの寺口浩大さんに聞いた。
「問題はなかった」と結論づけたコメントで収束しつつある、カネカのパタハラ疑惑。でも、社員や就活生たちの目は厳しそうです。
5月17日に文部科学省と厚生労働省が発表した「2019年3月大学等卒業者の4月1日現在の就職状況」をもとに、「育て上げリサーチ」が分析記事を執筆した。
「育て上げネット」僕たちのところにスーツを借りにくる若者が毎年、20~30名います。彼らはなぜスーツを借りにくるのでしょうか?
就職活動などで必ず聞かれる「あなたのやりたいことは何ですか?」という質問。聞かれてもピンとくるものが思い浮かばず、悩んでいる学生は多いのでは。
アメリカには日本のように一斉に就職活動をするようなルールも終身雇用制度も存在しない。大きく異なると感じるのは就活生が身にまとう「リクルートファッション」だ。
ADKは「スタメン採用」、サイバーエージェントは「全員インターンシップ」を導入する。