shushokukatsudo

「もっと効率的に、自分らしく就活したい」のは多くの学生の共通の想いです。フワちゃん、マイナビ副編集長の大塚祐宜さん、2023年卒、2022年卒の現役大学生のみなさんと「#就活相談ライブ」で考えました。
PRESENTED BY マイナビ2023
就活における情報戦略。「日経新聞は読んでいる?読んでない?」「利用しているニュースアプリは?」経営コンサルティングファームや大手メーカー内定者3人に、就活における差別化ポイントや日経電子版(日経新聞)を使った情報収集のコツ、面接のエピソードなどを聞いた。
PRESENTED BY 日経電子版
オンライン選考だけで内定をもらうケースは珍しくなく、学生は最終決断をしにくくなっています
社会問題となっている「就活セクハラ」。日本労働弁護団が無料で相談を受け付けています。悩んでいる人は利用してみてください。
ここ数年の急激な変化の中、採用に成功している会社に共通するのは、「採用の解像度」が高いことだ。
PRESENTED BY Thinkings株式会社
被害を受けた場面は「インターンシップに参加した時」(34・1%)が最多だった。
職業人生は、長い。決まったキャリアはなく、すべて自分次第だ。だからこそ、さまざまな局面で、迷い、悩む人も少なくないだろう。いま悩んでいる人へ、4人のストーリーが最良のヒントになるはずだ。
PRESENTED BY USEN-NEXT HOLDINGS
YouTuberエミリンさん、食べチョク代表の秋元さん、マイナビ副編集長の大塚さんとともに、「就活相談ライブ」で、就活生のリアルな悩みを聞きました。
PRESENTED BY マイナビ2022
西村氏は11月30日の記者会見で「若いみなさんの活動量がどうしても多い。でも、無症状で、知らず知らずのうちに広げることがある」と指摘。
不況による学生の家計悪化が続き、今後、「経営が困難な大学が増加する」と予想する大学も回答者の8割を超えた。