snstonokyori

ドラマ『アノニマス』で主演を務める香取慎吾さん。新しい地図をはじめて約3年。ネットの誹謗中傷が社会問題となる中、SNSとどう向き合っているのか、話を聞いた。
「おじさん」は、「実は今高校1年生の息子が小学4年生だった時、同じようなことを言われた経験があるんです」と明かした
ネット上の誹謗中傷に苦しむ被害者の精神的なケアに取り組むことを明記している
実名報道記事が出た当日。数百程度だったアクセス数が数万に跳ね上がった。
「あいつと自分の考えが違うのは、あいつが劣っているからだ」などと、価値観の違いについて、知性や人間性の「優劣」と直結させてしまう人の心理はなぜ生まれるのか。
「まだ生きてるの?」...妹の小林麻央さんが亡くなった直後にも浴びせられた中傷の言葉。「本当、死にたいなと思ったくらい、それくらい(自分を)追い詰める」などと自身の経験を語った。
SNSでの誹謗中傷について、「直接傷つけるのと一緒ということが何故まだ浸透していないのだろう」などとも綴っている。
「芸能人だから何もかも晒されて良い訳じゃない」など様々な反応が寄せられている。