SNSとの距離

曾穎(そう・えい)さん、32歳。安倍氏銃撃を伝える中国メディアの生中継で言葉を詰まらせ、嗚咽したように見えたことから大バッシングを受けた。「ちょっとだけ優しく、温かい世界」を目指している。
過去の災害時には、「動物園からライオンが放たれた」とする虚偽のツイートで投稿者が逮捕された(その後不起訴処分)ケースも。
「C」の文字を消して、がん治療研究を応援する「#deleteC大作戦」が2022年も開催されています。
黄永砯(ホアン・ヨンピン)さんの「Serpent d’ocean」。「潮の満ち引きとともに骨格が現れ、少しずつ海の動植物の棲家にもなっていく」という解釈も
清掃活動の新しい形「渋谷モデル」が発表された。ごみの見える化、清掃用具の貸し出しのオンライン化、落書きの通報機能の追加など、画期的な取り組みが渋谷から始まる。
PRESENTED BY Rethink PROJECT
小規模な慈善団体への支援活動にも取り組むトム・ホランドさん。メンタルヘルスに関する活動をする団体への寄付も呼びかけました。
「陰毛を剃るのも、ワックスで処理するのも、伸ばすのも、あなたの自由です。私は剃るのを好む時もあれば、そうでない時もあります。誰もあなたの体がどのように見えるべきかを言うべきではありません」
モデルの長谷川潤さんが「美しく編集された写真ではない、私の体験の1ページをみなさんとシェアしたい」と切り出した内容は?
連日ニュースに触れることで、深刻で長期的な心理的影響を与えることも。子どもに対しては「視聴時間を制限する」などの方法があります。
今回の改正刑法で「1年以下の懲役・禁錮または30万円以下の罰金」が追加された。施行された7日以降の行為が対象となる