terebi

予定調和より「偶然の出会い」がほしい。正解より「さまよう時間」がほしい。
平成から令和に切り替わる5月1日午前0時は、各局とも報道番組などを拡充して生中継で各地の表情を伝える。
荻上さんが策定に関わった「薬物報道ガイドライン」に照らし、ほぼ全てのテレビ報道を検証、Twitterにコメントしています。
昇太さんが「俺、司会に戻りたいよぉー」と駄々をこねて、座布団にしがみつく場面も
日本人は「世界」に向いたアンテナが"あまりにも"低い。
あなたはどう思う?
フジテレビのドラマ「僕のいた時間」が終わった。全11回。いろいろと考えさせられるドラマだった。このドラマは、これまで民放で放送されたテレビドラマとしては画期的なものだった。
日本テレビディレクター、武澤忠。あらためて忠は『リアル×ワールド ~3years…母と僕の震災日記~』(3月8日10:30〜日本テレビで放送)で、「母・順子の本音」と「被災地の真実」に迫る。テレビマンとして、息子として、追い続けた被災地の母は彼にどのように映ったのか。忠のライフストーリーから、東日本大震災発生から3年が浮かび上がる。