uchu

NASAは「これまでで最も遠く、鮮明な宇宙の赤外線画像だ」としています
今日6月21日は二十四節気「夏至」。身近に感じることができる二十四節気のうちの一つで、昼間の長さが一年で最も長く、夜が最も短い日とされています。
「水深5000メートルに行った芸能人は初めてだと聞いて、じゃあ宇宙にも行かなきゃ!」と宇宙への憧れを語っていました。
イーロン・マスク氏率いるSpaceX社が7年前に打ち上げたファルコン9が、月にぶつかるコースにあるといいます
直径1キロメートルある小惑星が、地球から約200万キロの位置を通過する予定です
「宇宙人が月に上陸した後に建てた家なのだろうか」などと憶測を呼んでいた謎の小屋。残念ながら、宇宙人のすみかではなかったようだ。
20年以上続いた宇宙のガラスの天井、ようやく壊すことになりそうです
不思議なことに、同様の信号はその後二度と観測できなかったという…
放出されたガスが10月30日の夕方から夜ごろに地球に届いて、無線通信が乱れたり、全地球測位システム(GPS)の誤差が大きくなったりする可能性がある。
屋根には大きな穴が…。「空に明るい火の玉」を見たとの証言があり、隕石だと判明した。