uchu

「息を呑むような美しさです」とISS(国際宇宙ステーション)から投稿しました。
「こういうのを奇跡というのかな」「火星人の文明だ!」などと反響を呼んでいます。
国立天文台と朝日新聞社がマウナケア山頂で運用する「星空ライブカメラ」が珍しい光景を捉えました
国際宇宙ステーションで撮影された幻想的な写真。美しさに魅了された人々から数多くのコメントが寄せられています。
無重力の宇宙空間、やはりボールも宙に浮いていた...。
「意図的に不気味にした訳ではありませんが、聞こえてくる音はかなり増幅されており、他の音は光のデータから解釈しました」とNASAは説明している。
「権威ある立場の人からの主張に警戒することを学ぼう」と釈明しています。
7月13日(水)夜に国際宇宙ステーション/きぼうが日本付近を通過します。