zasshi

「週末女子のためのファッション&ライフスタイル雑誌」を謳う月刊誌『mina』はタイトルロゴや写真に初めてウクライナカラーを取り入れた
2017年の休刊後も復活を希望する根強い声。Z世代の原宿カルチャーを発信する予定です。
投稿には「一瞬太鳳ちゃんってわからなかった」「全く別人のようで息をのみました」などの声が寄せられている。
クリエイターやインスタグラマー、ブロガーに「無印マニア」...「片付け上手」がオススメの裏技と便利アイテムは?
ハフコレ編集部
ポパイは1976年創刊の20~30代男性向けの月刊誌。今回の福祉特集について同編集部は「現場での驚きを素人目線で載せることで、読者に届くことを意識した」と話す。
何よりも釈然としないのは、彼らが読者や社会に対して、きちんと説明責任を果たせていないということだ。
ゲイシーンを牽引してきた雑誌『Badi』はどう闘ってきたのか。“最後の編集長”、村上ひろしさんに話を聞いた。
エロ雑誌でもない、大人の男性誌でもない、ヌード雑誌でもない。
艶女は「モテる中年女性」として定義され、色気を有する大人の女性を表すまでになった。
最終号では「2025大予測 『気が重い未来』の明るい歩き方」を特集。