THE_BLOG

まだ飲んでない人のための、自分でつくる「コールドブリューコーヒー」

熱湯だと出すぎてしまう苦みや渋みが少なく、そのすっきりとした飲み口は夏にぴったり。
This post was published on the now-closed HuffPost Contributor platform. Contributors control their own work and posted freely to our site. If you need to flag this entry as abusive, send us an email.

2015年の夏ころから日本でも見かけるようになった「コールドブリューコーヒー(Cold Brew Coffee)」。ニューヨークのカフェで人気に火がついた、お湯ではなく水出ししたコーヒーのことです。

熱湯だと出すぎてしまう苦みや渋みが少なく、そのすっきりとした飲み口は夏にぴったり。この夏は日本のカフェでもメニューに並ぶお店が増えてきました。

そこで今回は、話題のコールドブリューコーヒーを自宅で煎れるコツをご紹介します。時間さえ少しかければ、ドリップして煎れるより簡単&おいしくいただけますよ。

●ドリップパックでつくる「おひとりさまコールドブリューコーヒー」

水を入れたコップにドリップパックのコーヒーを浸して、冷蔵庫で2時間ほど。これだけで、特別な道具がなくても簡単に1人分の「コールドブリューコーヒー」がいただけます。冷蔵庫で冷やしているとコップのまわりの水滴が落ちてくるので、トレーにのせておくと安心です。

▼レシピをチェック!

●水出しすると「カフェオレ」もひと味、ふた味違います

たっぷりつくりたいときには、だしパックやハーブティー用のポットなどを使うと便利です。ポットに細かめに挽いた豆を入れて、水を入れて常温で1時間、その後冷蔵庫でひと晩じっくりと。

飲む前に牛乳を加えれば、朝食にはひと味違うやさしい味のカフェオレが楽しめます。熱湯より出が悪くなることもあり、豆は「深煎り、細挽き」を基本に抽出時間や煎れ方によってお好みで。

▼レシピをチェック!

●コーヒーだけじゃない、「水出しアイスティー」も驚きのおいしさ♪

この水出しスタイルは、コーヒーばかりか紅茶だっておいしくしてくれます。500mlほどの水をポットに入れて、そこにお好みの紅茶のティーバック1個をポン! 冷蔵庫でひと晩置けば「水出しアイスティー」の完成です。お湯を沸かす手間が省けるのがとっても夏向きですね♪

▼レシピをチェック!

●緑茶×ハーブでお洒落に!「水出しレモングラス緑茶」

緑茶の水出しも同じ方法でOKです。こちらのレシピでは、10gの緑茶に1gのレモングラスを加えて「レモングラス緑茶」にアレンジ!水出しに限らず、こうして緑茶とハーブをあわせる飲み方は意外と人気なんです。レモングラスやミント、ローズマリーがおすすめ!

▼レシピをチェック!

沸かしたお湯を使わない分、長く保存せず早めに飲みきるのが自家製「コールドブリューコーヒー」のポイント。雑味がない分、豆乳やアーモンドミルクとあわせてもカフェオレにしてもおいしいですよ。

【レシピブログ通信とは】

16,000名のお料理ブロガーさんが参加するお料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」から毎日が楽しくなる食や暮らしのトピックスをお届けします。

【過去の記事】

この夏、一度は食べないと!理想のひんやりメニュー「コールドチキン」

餃子だけじゃもったいない!あなたの知らない「羽根つき○○」4選

【なるほど!】コンビニの「バニラアイス」を劇的においしくする「4つの魔法」

うな重よりお財布にやさしい!支持者急増「土用餅」で夏バテ解消

【トマトの夏】これはあり!すごーく簡単「トマトジャム」にハマる人続出

ソース味でも塩味でもないんです。外国人旅行者に人気の「第3の焼きそば」が気になる!

▼レシピブログの公式Facebookをフォローする