特集

トレンドが移り変わっても、嵐のような出来事に巻き込まれても、自分の軸が揺るがない人。『My Life』を読むと、pecoさんにそんな印象を抱かずにはいられない。その軸はどのようにしてつくられてきたのか。
「ああもう、何してんねん…」。訃報が飛び込んできたとき、pecoさんの頭に真っ先に浮かんだのはそんな言葉だった。大切な家族の喪失に、pecoさんと幼い子どもはどう向き合ってきたのか。
「エッセイを書くことで自分の人生を振り返った今、ryuchellと過ごした日々は私にとって本当に奇跡のような出会いだった」。pecoさんはいまどんな気持ちで日々を過ごしているのか、話を聞いた。
やむを得ない事情でaiboと一緒に暮らせなくなったオーナーからaiboを引き取り、治療とケア(修理・メンテナンス)をした上で、里親に提供する、という試みだ
1986年の発売以来、多くの人に愛されている亀田製菓の「ぽたぽた焼」。トレードマークのおばあちゃんのイラストが刷新されていました。
「当たり前に始まった家族の形ではないですし、私の中にあった葛藤を描くことで社会に何かを伝えることができるんじゃないかと思った」。自らのライフストーリーを映画化した久保田智子さんに聞いた。
何となく意味はわかるけど...
ユニクロと並ぶファーストリテーリングの人気ブランド「GU」に込められているブランドメッセージとは…?
「フェムテック」という言葉を知っていても意味まではよくわかっておらず、商品やサービスもあまり利用できていない人が多いことが調査によって明らかになりました。