EDITORS’ CHOICE

実業家の前澤友作さんが、民間人初となる月周回旅行「dearMoon PROJECT」の乗務員が決定したと発表。TOPさんら10人のメンバーが明らかになりました。
アルコールを抜く「引き算」ではなく、ハーブやスパイスの「足し算」でできた「オルタナティブアルコール」。冬の家飲みでも楽しめる、「冷たくない」「甘くない」「炭酸なし」のおすすめ3本を紹介。
「時に歩行が困難になったり、歌を以前のように歌えなかったりと、日常生活にまで影響を及ぼしている」と明かした。
漫才日本一を決める「M-1グランプリ2022」。12月18日の放送を前に決勝進出者のインタビューをお届けします。第1回は、決勝初出場のダイヤモンドです

ハフライブ / VIDEO

PROJECT

11月のハフライブでは、社会や個人がSDGsと向き合うために欠かせない視点について、「気候変動(環境)」「多様性(社会)」「豊かさ(経済)」という3つのテーマでお届けします。
「グリーンローソン」では、アバターやロボットによる接客を導入。食品ロスゼロ、プラスチック削減を目指す取り組みなど、サステナブルなコンビニを模索しています。
人種差別的な職質(レイシャル・プロファイリング)に詳しい専門家は、「差別する意図がなくても、不利益な効果が発生すれば人種差別に当たる」と指摘する。
社会課題の解決をビジネスとして確立させるためには、何が必要なのか。SDGsの社会実装に向けた「ザ・ソーシャルグッドアカデミア」、第1回目の議論をお届けします。

LIFE

「まじでびっくりするほど柔らかくなった!」「これはリピ」といったコメントが寄せられています。
「よく考えて仕事をして欲しい」と言われたことはありませんか? そんな時、何を「よく考え」ればいいのか。『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』(共著)著者の小鳥遊さんが、具体的な対策を伝授します。
買ってよかった!在宅ワークでバキバキに凝った肩にフォームローラーを使ってみました。
ハフコレ編集部

SDGsで世界をリ・デザインする

ハフポスト日本版が考えるSDGsについてまとめました

詳しく読む

SDGSで世界をリ・デザインする

一般社団法人Change Our Next Decade(COND)の矢動丸琴子さんは、生物多様性条約のCOP15の現地に入り、日本へ情報を届ける。
着飾らなくても、モノで補わなくても「自分を愛せるようになった」と話す二階堂ふみさん。アパレルブランド、KAPOK KNOTとのコラボで実現したサステナブルなモードとは?
「ハーフ」と呼ばれる人たちの葛藤や差別の問題に切り込んだweb漫画『半分姉弟』。立場が違って「分かり合えない」現実に、私たちはどう向き合えばいいのか。本作から、そのヒントが見えてくる。【2022年回顧】
SDGsを理解するために欠かせないワードを一言で紹介します。
SDGsを理解するために欠かせないワードを一言で紹介します。
SDGsを理解するために欠かせないワードを一言で紹介します。
SDGsを理解するために欠かせないワードを一言で紹介します。
様々なビジネスが立ち上がる中で、「何が(本当の)ソーシャルグッドなのか」という議論が生まれています。ソーシャルグッドの現在地と未来を、識者が語り合いました。
SDGsを理解するために欠かせないワードを一言で紹介します。
企業の商品やサービスを表彰する「ウェルビーイングアワード」をHakuhodo DY Matrixと朝日新聞社、SIGNINGが開催。記念ウェビナーが開催された。