ブログ・コラム

自分が書いたものを世に出す前に、客観的に作品を読み、時には「本当にこれでいいの」と疑問を発し、「こうしたらどう?」と編集してくれる人、つまり編集者の役割を忘れてはいけないと思う。
データ分析という行為が最終的な価値を生み出すためには、何らかの物語を提示して、人々に受け入れてもらうという過程が必要になるのである。
このたびは、ハフィントンポスト日本版の開設を心よりお祝い申し上げます。カナダ、英国、フランス、スペイン、イタリアに次ぎ、アジア初のハフィントンポストを日本に開設いただいたことを大変嬉しく思います。
ネット選挙の解禁は必然だったと言える。ただし各党ともネット選挙解禁で自党に有利になるはずと甘い夢を見て浮かれていたのか、その方法について十分な検討がなされた気配が感じられない。
電波という既得権益にしがみつき、自らの組織力の維持に力を注ぐテレビメディアの硬直化は、日本のメディア変革の足を引っ張っている。日本のニュースルームに革命は起きるか。マスメディア自身で変革の扉を開ける事が出来るのか、この国の民主主義が問われている。
人は「誰かと感情を共有して安心を得たい」と思ってしまう生き物です。そんな欲求を満してくれるものが、どこにあるのか?「テレビドラマ」の中に、その答えの一つが見つかりはしないでしょうか?
小平市での住民投票はいま注目を集めている。なぜなら、住民の直接請求によって住民投票が実施されるのは、東京都でははじめてのことだからである。
被災地で暮らすということは、風評被害や差別との戦いでもある。こうしたストレスが被災地の住民の心と身体を蝕む。
核兵器に対する伝統的なアメリカ人の意識は、日本人には理解しにくい。まず、神の領域をアメリカが手にしたという宗教的な選民意識だ。
メディアでビジネスをしたい。そして自分の作ったメディアを大きくしていきたい。僕がいろいろ実験的な活動をし始めた2006年ごろ、ハフィントンポストも産声をあげました。ハフィントンポストにはずっと注目はしていたんですが、個人的に衝撃を受けたのは2011年2月、AOLに260億円で買収されたことです。