PROJECT
2021年02月15日 16時39分 JST | 更新 2021年12月01日 18時38分 JST

ハフポスト日本版の生配信番組「ハフライブ」。アーカイブ配信一覧はこちら【2021年】

メインパーソナリティを務めるのは、日本テレビ系「news zero」にも出演中のクリエイティブディレクター・辻愛沙子さんとハフポスト日本版の南麻理江です。

Huffpost Japan
ハフライブ

ハフポスト日本版の生配信番組「ハフライブ」。2021年は年間テーマとして「SDGs」を掲げます。

国連で決めた17の目標は、一人一人が取り組むべきものですが、抽象的で少し分かりにくい面も…。そこでハフライブは、季節ごとのイベントを入り口にして、1〜12月の月ごとの「SDGsカレンダー」を作りました。

身近なテーマからSDGsを分かりやすく伝えていきます。これまでに配信した番組や、記事をまとめました。

■目次

1. アーカイブ一覧

11月:SDGs時代、「買い物」で世界は変えられる!

10月:STEM分野の女性を増やすために何ができる?

9月:気候危機時代、私たちはどう生きる?

8月:「再エネ後進国・日本」は変われるのか?

7月:牛肉の環境負荷、考えたことありますか?

6月:SDGs時代、お金で世界は良くなるか
5月:変わるべきは『大人』?教育から考えるSDGs
4月:声をあげる映画界。アカデミー賞とSDGs
3月:DeNA南場会長と考える「働く×SDGs」
2月:チョコプラ・長田と考える「チョコレートとSDGs」
1月:「新・ていねいな暮らし」とSDGs

2.「ハフライブ」年間カレンダー

1. アーカイブ一覧

※番組は最新の回から順に並んでいます。
※また、ハフライブでは「SDGsアクション」の一つとして、出演者の女性比率をあげることを目指す「50:50プロジェクト」にも取り組んでいます。

 

11月:ブラックフライデー 

SDGs時代、「買い物」で世界は変えられる!」《2021年11月25日配信》 

ゲストは、企業の社長という立場として小売の観点から株式会社丸井 代表取締役社長の青野真博さん。『サステナブル資本主義:5%の考える消費が社会を変える』の著者であり、「考える消費」を提案している村上誠典さん。2人をお迎えして話し合ったのは

・「消費」のパワーに改めて注目

・「消費者」と「企業」の関係性

・これからの「資本主義」を考える

11月といえば、アメリカ発祥の大規模セール「ブラックフライデー商戦」が始まる月。最近では、大量生産大量消費への批判から、セールをボイコットする動きも出てきています。

番組では「消費者」のパワーに注目。個人は消費行動を通してどう社会を変えられるのか、企業は消費者とどう向き合っていけばいいのか、について話し合いました。

ゲストがそれぞれが語った「考える消費」とは?

出演

辻愛沙子さん / @ai_1124at_(arca CEO)

南麻理江/ @scmariesc(ハフポスト日本版)

ゲスト

青野真博さん/ 株式会社丸井 代表取締役社長

村上誠典さん/ @Murakami_Japan(シニフィアン株式会社共同代表

 10月:国際ガールズデー

STEM分野の女性を増やすために何ができる?」《2021年10月11日配信》 

ゲストは、女子中高生にむけてプログラミング講座やアプリコンテストの運営などを行う「一般社団法人Waffle」Co-Founderの斎藤明日美さん、YouTubeチャンネル「SHELLYのお風呂場」で性教育をテーマに発信を続けるタレントのSHELLYさん。

2人をお迎えして話し合ったのは

世界の女子の課題を知ろう

「女子は理系が苦手」って思ってない?

「リケジョ」という言葉をなくすためにできること

10/11は、国連が「性別」と「年齢」という二重の差別を受ける女子のエンパワーメントを目的に制定した「国際ガールズデー」。新型コロナウイルの影響を受け、社会がますますデジタル化していく中で、STEM(科学・技術・工学・数学)分野を学ぶ女性の少なさが問題となっています。実はこのSTEM分野のジェンダーギャップは、中高生から始まっていて……。

ボトルネックになっているジェンダーバイアスや「無意識の思い込み」から脱却するために必要なことは?STEM(科学・技術・工学・数学)分野の女性を増やすために、何ができる?ゲストがそれぞれが語ったことは?

出演

辻愛沙子さん / @ai_1124at_(arca CEO)

南麻理江/ @scmariesc(ハフポスト日本版)

ゲスト

斎藤明日美さん /  @AsumiWaffle一般社団法人Waffle Co-Founder

SHELLYさん / @shellysproject(タレント)

9月:気候危機

気候危機時代、私たちはどう生きる?」《2021年9月16日配信》 

ゲストは、「Fridays For Future Kagoshima/Japan」で活動する大学生で環境活動家の中村涼夏さん、欧州の環境政策や気候ストライキを継続的に取材してきた毎日新聞記者の八田浩輔さん、法哲学の立場から「気候正義」について研究をする京都大学大学院地球環境学堂教授の宇佐美誠さん。

3人をお迎えして話し合ったのは

・「気候変動」のリアル

・「気候危機」は伝わってる?

・「気候正義」をどう実現していく?

・私たちにできること

今年の夏、世界各地で甚大な被害をもたらす気候災害が発生しました。気候危機が進むことで、このような自然災害は今後、頻度も増え、強度も激甚化していくと科学的に予測されています。

気候危機の被害を最小限にするためにこれからの私たちができることは?「気候正義」という考え方をキーワードに話し合いました。

出演

辻愛沙子さん / @ai_1124at_(arca CEO)

南 麻理江/ @scmariesc(ハフポスト日本版)

ゲスト

中村涼夏さん / @suzukasusan(Fridays For Future Kagoshima/Japan オーガナイザー)

八田浩輔さん / @kskhatta(毎日新聞記者)

宇佐美誠さん /(京都大学大学院地球環境学堂教授)

8月:電力

「『再エネ後進国・日本』は変われるのか?」《2021年8月17日配信》 

ゲストは、企業や政府に対してアドボカシー活動を行う国際NGO「WWFジャパン」環境・エネルギー専門ディレクターの小西雅子さん、再生可能エネルギーの調達・販売を行う「みんな電力株式会社」専務取締役・事業本部長の三宅成也さん、大学生で株式会社ユーグレナ初代CFO(Chief Future Officer:最高未来責任者 )の小澤杏子さん。

3人をお迎えして話し合ったのは

・再エネをめぐる日本の常識は「10年遅れ」?

・日本の再エネ普及、乗り越えるべき壁は?

・再エネ転換に向けて、私たちにできることは?

気候危機が深刻化する中、国際的に脱炭素を求める声が大きくなっています。こうした流れを受け、注目されるのは二酸化炭素排出量の少ない太陽光や風力などの「再生可能エネルギー」への転換です。欧州を中心に各国が再エネへの移行を進めていく中、目立つのは日本の遅れです。


遅れの背景には何があるのか?そして、日本はどうしたら「再エネ」中心の世の中に移行していけるのか。ゲストがそれぞれの立場から話し合ったことは?

出演

辻愛沙子さん / @ai_1124at_(arca CEO)

南 麻理江/ @scmariesc(ハフポスト日本版)

ゲスト

小西雅子さん /  @mKonnie(WWFジャパン 環境・エネルギー専門ディレクター)

三宅成也さん /(みんな電力株式会社 専務取締役 事業本部長)

小澤杏子さん / @kyokozwa(大学生/ユーグレナ初代CFO)

7月:食

「牛肉の環境負荷、考えたことありますか?」《2021年7月20日配信》 

ゲストは、地球環境に配慮したアパレルブランド「missgina」を経営し、自身も最近ヴィーガンを始めたというモデルのカトウジーナさん、プラントベースフードを開発・販売する「グリーンカルチャー株式会社」代表取締役の金田郷史さん、国内外の「食」をめぐる動向に詳しい「シグマクシス」常務執行役員の田中宏隆さん。

3人をゲストにお迎えして話し合ったのは

・「牛肉」は環境に悪い?

・食の選択肢と“ジレンマ”

・「フードシステム」から見直そう

食べ物が作られれば作られるほど、大きな環境負荷が生じてしまうなど、食をめぐる社会課題が多く存在します。なかでも「牛肉」は、他の食べ物に比べて地球温暖化により大きな影響を及ぼすということが指摘されています。とはいえ牛肉を「食べない」という選択肢にはハードルがあるというジレンマも…。

身近な食べ物から「今後の食の未来はどうあるべきか」について、ゲストがそれぞれの立場から考えたことは?

出演

辻愛沙子さん / @ai_1124at_(arca CEO)

南 麻理江/ @scmariesc(ハフポスト日本版)

ゲスト

カトウ ジーナさん /  @katogina_718 (モデル・起業家)

金田郷史さん / @satoshi_kanedaグリーンカルチャー株式会社 代表取締役

田中宏隆さん /(株式会社シグマクシス 常務執行役員)

6月:お金

「SDGs時代、お金で世界は良くなるか」《2021年6月24日配信》 

ゲストは、機関投資家としてESG投資に携わる「りそなアセットマネジメント」執行役員責任投資部長の松原稔さん、Z世代に向けて気候危機や政治などについて発信する、一般社団法人「NO YOUTH NO JAPAN」代表理事の能條桃子さん。

2人をゲストにお迎えして話し合ったのは

・ESG投資で社会は変わるの?
・利益と「ESG」は両立するの?
・資本主義はこれからどうなるの?

企業はESG(環境・社会・企業統治)に取り組まなければ、株主からお金を調達できない時代に突入しています。しかし、製品の環境負荷を削減したり、サプライチェーン全体で人権問題がないように対処したりするのは多大なコストがかかる一方で、ただちに収益に結びつきづらいというジレンマも…。

お金で世界をより良く変えていくために、私たちに何ができるか。世代と立場が違うそれぞれの出演者が語ったことは? 

出演

辻愛沙子さん / @ai_1124at_(arca CEO)

南 麻理江/ @scmariesc(ハフポスト日本版)

ゲスト

松原稔さん / (りそなアセットマネジメント執行役員責任投資部長)

能條桃子さん / @momokonojo(一般社団法人「NO YOUTH NO JAPAN」代表理事)

 

5月:教育

「変わるべきは『大人』?教育から考えるSDGs」《2021年5月25日配信》

ゲストは、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜さん、株式会社ユーグレナCFO(Chief Future Officer:最高未来責任者 )の川﨑レナさん、私立ドルトン東京学園中等部・高等部社会科教諭の大畑方人さん。

3人をお迎えして話し合ったのは
・私立中学校の入試問題、大人が解いてみよう
・SDGs教育、現場の今
・本当に変わるべきは誰?

「自分で国や社会を変えられると思う」と回答した日本の若者は18.3%で、世界9カ国で最下位でした。背景には「子どもが声を上げにくい」「大人が忙しすぎて学ぶ時間がない」「学校教育と社会が受験や就活で分断されてしまう」など、日本社会が抱える問題があります。

「未来の大人」たちに、私たち大人はどんな背中を見せていけばいいのでしょうか。ゲストがそれぞれが考えたことは?

出演

辻愛沙子さん / @ai_1124at_(arca CEO)

南 麻理江/ @scmariesc(ハフポスト日本版)

ゲスト

近藤春菜さん / (お笑いコンビ「ハリセンボン」)

川﨑レナさん / (株式会社ユーグレナCFO)

大畑方人さん /(私立ドルトン東京学園中等部・高等部社会科教諭)

 

4月:アカデミー賞

「声をあげる映画界。アカデミー賞とSDGs」《2021年4月22日配信》

ゲストは、『淵に立つ』や『よこがお』などの作品で知られる映画監督の深田晃司さん、国内外の映画産業を取材する朝日新聞記者の藤えりかさん。

2人をお迎えして話し合ったのは、

・2021年のアカデミー賞から見える「社会」
・社会問題に声をあげてきたハリウッドの映画人たち
・映画界の「働き方問題」
・映画の多様性、どう実現する?

映画や映画スターたちは、私たち一人一人や社会に大きな影響を与えてきました。「誰一人取り残さない」を掲げるSDGs時代、映画界が果たすべき役割とは?

出演

辻愛沙子さん / @ai_1124at_(arca CEO)

竹下隆一郎 / @ryuichirot (ハフポスト日本版編集長)

ゲスト

深田晃司さん / @fukada80(映画監督)

藤えりかさん / @erika_asahi(朝日新聞経済部記者)

3月:キャリア

「DeNA南場会長と考える『働く×SDGs』」《2021年3月25日配信》

ゲストは、女性初の経団連副会長に内定したDeNA代表取締役会長の南場智子さん、DeNA出身でキャリアSNS「YOUTRUST」を運営する株式会社YOUTRUST代表の岩崎由夏さん。

世代の異なる女性起業家の2人をお迎えして話し合ったのは、

・「女性活躍」のジレンマ。「令和の女性のロールモデル」とは?
・人生100年時代、「企業と個人」「企業と社会」のサステナブルな関係性とは?

SDGsの目標5「ジェンダー平等を実現しよう」や目標8「働きがいも経済成長も」の達成のために、起業家として何をするか。南場さんと岩崎さんが宣言したことは?

→記事はこちら(アーカイブ配信はありません)

Maya Nakata / Huffpost Japan

出演

辻愛沙子さん / @ai_1124at_(arca CEO)

竹下隆一郎 / @ryuichirot (ハフポスト日本版編集長)

ゲスト

南場智子さん(DeNA代表取締役会長)

岩崎由夏さん / @yuccaaaa (YOUTRUST代表取締役)

2月:チョコレート

「チョコプラ・長田と考える『チョコレートとSDGs』」《2021年2月15日配信》

ゲストは、人気お笑いコンビ「チョコレートプラネット」の長田庄平さん、児童労働のないチョコレートづくりの仕組みづくりにガーナで取り組む国際NGO「ACE(エース)」代表の岩附由香さん、チョコレートジャーナリストの市川歩美さん。

3人をお迎えして話し合ったのは、

・チョコレートの裏にはカカオの児童労働の問題がある
・児童労働はない方がいいに決まっているが、そうした犠牲が一切ないチョコは現状、割高になってしまう
・そもそもチョコレートの適正価格はいくらなのか?

バレンタインデーを彩るチョコレート。その裏側にある「甘くない真実」を目の前にして、長田さんが語ったこととは?

→記事はこちら

出演

辻愛沙子さん / @ai_1124at_(arca CEO)

竹下隆一郎 / @ryuichirot (ハフポスト日本版編集長)

ゲスト

長田庄平さん / @ChocoplaOsada(お笑いコンビ「チョコレートプラネット」)

岩附由香さん / @yuka_iwa(国際NGO「ACE(エース)」代表 )

市川歩美さん / @ayumisroom(チョコレートジャーナリスト)

1月:ファッション

「『新・ていねいな暮らし』とSDGs」《2021年1月26日配信》

ゲストは、CanCam専属モデルで「環境省プラごみゼロアンバサダー」のトラウデン直美さん、気候危機の専門家である江守正多さん、ファッションブランドのサプライチェーンの監査やコンサルティングを行っている青沼愛さん。

3人をお迎えして話し合ったのは、
・ビジネスの裏にある環境・人権問題の実態
・一人ひとりが明日から取り組めること

モデルとして服を見せて買ってもらう仕事をしながら、環境問題について積極的に発信するトラウデンさんは、いつも「ジレンマを感じている」と話します。トラウデンさんが番組で語った「私たち一人一人にできること」とは?

→記事はこちら

出演

辻愛沙子さん / @ai_1124at_(arca CEO)

竹下隆一郎 / @ryuichirot (ハフポスト日本版編集長)

ゲスト

トラウデン直美さん(モデル/タレント)

江守正多さん (国立環境研究所 地球環境研究センター 副センター長)

青沼愛さん(鎌倉サステナビリティ研究所 代表理事)

2. 「ハフライブ」年間カレンダー

HUFFPOST JAPAN
SDGsカレンダー

1月:「新・ていねいな暮らし」とSDGs

エシカル消費って何? ファッション業界の流行から考える、新しい買い物のかたち。

2月:チョコレートとSDGs 

バレンタインデーに考えたい。海の向こうの児童労働や、プラごみ問題、職場のジェンダー格差のこと。

3月:就活とSDGs 

「環境に配慮した会社ですか?」面接では、“企業のSDGs本気度”を聞こう

4月:アカデミー賞とSDGs 

#MeTooから3年、BLMから1年。 人権問題にエンタメはどう向き合う?

5月:子どもとSDGs

気候危機は”待った無し”。ジェンダーギャップはG7最低。日本の教育はどうあるべきか?

6月:夏のボーナスとSDGs

そのボーナス、どこに預ける? あなたの銀行選びが「戦争」や「気候危機」に影響するかもしれません。

7月:牛肉、うなぎ、マグロとSDGs

土用の丑の日のうなぎ、食べる?食べない? 10年後、あのグルメ食材をまだ食べてるのは私たちだけかも…

8月:エアコンとSDGs

「環境に気を使って冷房を我慢したら熱中症になった」 SDGsは“あっちを立てればこっちが立たず”

9月:台風とSDGs

ここ数年、毎年のように起きる「史上最大級」の水害。防災対策とセットで知って起きたい「気候危機」のいま。

10月:国際ガールズデーとSDGs 

10月11日は国際ガールズデー。児童結婚や女性の貧困…。なぜ女の子ばかり割を食うの? 真の「実力社会」が来る日を目指して

11月:ブラックフライデーとSDGs

大量生産大量消費・バーゲン叩き売りは、本当にもうしんどい。企業は、消費者は、どう変わるのか。

12月:2022年とSDGs。残り8年しかない

2021年のSDGs10大ニュースと、2022年への展望を語り合う。あと8年…何ができるのか。