NEWS
2021年07月13日 10時48分 JST | 更新 2021年07月14日 09時10分 JST

大谷翔平が出場「MLBオールスターゲーム2021」の放送時間と視聴方法は?注目は「特別ルール」

大谷翔平選手が史上初めて・“投打の二刀流”で選出されたMLBオールスターゲーム2021。大谷選手のための「特別ルール」とは?注目の夢舞台、今年は見逃せません。

Dustin Bradford via Getty Images
7月13日にホームランダービーに出場した大谷翔平選手

「MLBオールスターゲーム2021」が、日本時間の7月14日に行われる。

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手がMLB史上初・“投打の二刀流”で選出されたほか、シアトル・マリナーズの菊池雄星投手も選ばれた。

注目が集まる2021年のメジャーリーグの夢の球宴、放送時間や視聴方法、見どころを紹介する。

超貴重!試合前に大谷選手が初めてレッドカーペットを歩く姿はこちら→【MLBオールスター】大谷翔平選手、レッドカーペットを歩く姿がまるで「アカデミー賞」だった(動画・写真集)

BSだけじゃない!地上波でも見られます

まずはテレビ放送。「MLBオールスターゲーム2021」は、地上波とBSで見ることができる。地上波はテレビ朝日で、BS放送はNHKで放送される。

それぞれの放送時間は、以下の通りだ。

▽<地上波>  テレビ朝日
・午前9時00分~9時55分 「羽鳥慎一モーニングショー」内で放送

・午前9時55分~12時45分 「MLBオールスターゲーム2021中継」※一部地域を除く
 


▽<BS放送>NHK BS1
・午前8時00分~午後0時49分 「MLBオールスターゲーム2021」

テレビで見られないという人は、インターネットやスマートフォンで見る方法もある。

スポーツライブ配信の「SPOZONE」は、オールスターゲームは、有料コンテンツとして配信する。オールスターゲームの前日に大谷選手が出場する「ホームランダービー」は無料で配信する(※ただし、会員登録が必要)。

大谷翔平、“投打二刀流”でのプレーは?「特別ルール」で対応

続いて、見どころ。何と言っても注目はやはり、大谷翔平選手。 2021年のMLBオールスターゲームの主役と言って間違いないだろう。

Ronald Martinez via Getty Images
シーズン前半戦、驚異的なペースでホームランを量産した大谷翔平選手

大谷選手はアメリカンリーグの「DH部門」のファン投票で63%の票を集め、堂々の1位を獲得。大リーグ挑戦4年目でオールスターに初めて選出された。

その後、投手としても選手間投票の「先発投手部門」で5位となり、MLB史上初めて“投打の二刀流”での選出となった。

Katelyn Mulcahy via MLB Photos via Getty Images
投げても躍動した大谷翔平選手

今シーズンの活躍は多くの人がすでに知るところだが、日本時間の7月12日に行われた試合が終了した時点での成績を改めて振り返っておこう。(※MLBの公式スタッツのデータを参照)

まず打者としては84試合に出場し、打率が2割7分9厘、84本の安打のうち33本が本塁打という驚異的なペースで本塁打を量産。本塁打数ランキングでは両リーグで単独トップに立っており、長打率は実に約7割。さらに12盗塁も決めている。

日本時間の7月8日の対ボストン・レッドソックス戦で32号本塁打を放ち、過去にニューヨーク・ヤンキースやエンゼルスなどで活躍した松井秀喜さんのMLBの日本人シーズン最多本塁打記録をオールスターゲーム前に塗り替えた。

そして投手としては、13試合に登板し4勝1敗。防御率は3.49という成績だ。

大谷選手は、オールスターゲームではアメリカンリーグの「1番・DH」で先発出場ながら、投手としても「先発登板」する。

日刊スポーツによると、これは特別ルールでの対応で、日本人投手の先発登板は1995年の野茂英雄さん(ロサンゼルス・ドジャース)以来、26年ぶりだという。

Daniel Shirey via MLB Photos via Getty Images
大谷翔平選手は前日に行われる「ホームランダービー」にも出場する

MLBは公式で大谷選手の紹介動画まで制作するほどの力の入れよう。オールスターでも投打に躍動する大谷選手を見ることが出来そうだ。

菊池雄星の選出で実現した、もう1つの「史上初」

大谷選手の母校・花巻東高校の先輩、シアトル・マリナーズの菊池雄星投手も初めて選出された。

高校時代はともにプレーをすることはなかった2人だが、このオールスターでは同じアメリカンリーグで1日限りの“チームメイト”となる。

日本人選手では同じ高校出身の選手2人がMLBオールスターに同時に選出されたは、花巻東高校が史上初となる快挙だ。

メジャー3年目の今シーズンの菊池投手は、ここまで16試合に登板して6勝4敗、防御率は3.48(※日本時間の7月8日に行われた試合が終了した時点)。早くも2019年のMLB自己最多の6勝に並び、チームの先発投手陣の柱として奮闘した

シーズン後半戦も順調に勝ち星を積み上げられれば、キャリアハイの成績も見えてくる。

――

【Update】2021/7/13 20:40

7月13日のホームランダービー終了後、シアトル・マリナーズは菊池投手が試合の出場メンバーから外れたことを発表した。14日の試合には菊池投手は出場しないこととなった。

Diamond Images via Diamond Images/Getty Images
花巻東高校の出身の菊池雄星投手もMLBオールスター初選出となった

ダルビッシュ「日本人投手」最多選出も、出場メンバーから外れる

パドレスのダルビッシュ有投手は「日本人投手」で歴代最多の5度目の選出となったが、コンディション不良のため、出場メンバーから外れた

オールスターゲームでは、大谷選手との対決の可能性が期待されていた。

同じ年のMLBオールスターに日本人選手が3人選出されたのは2014年以来だったが、試合に出場するのは大谷選手のみとなった。試合はコロラド・ロッキーズの本拠地・クアーズフィールドで開催される。

大谷翔平選手のシーズン前半の振り返りはこちら→大谷翔平の2021年前半は異次元だった。「伝説」になるには、シーズン後半で何が必要か【MLBオールスター】