akachan

青い目で足が速く、乳がんになるリスクが低い子どもが欲しい――。親が望む特徴をもつ赤ちゃんを作る「デザイナーベビー」につながる遺伝子解析技術が考案され、米国で特許が認められた。自分と、精子や卵子の提供候補者ごとに遺伝情報を解析して、望み通りの子どもが生まれる確度を予測するシステムだ。科学者からも「倫理的に大きな問題」と批判が出ている。
一九四八年には一二一人の患者を収容した待労院だが、入院者数は徐々に減ってゆく。九六年にはハンセン病の診断を受けた患者に隔離を義務づけて来た「ハンセン病予防法」が廃止され、元患者が施設内に留まる必要は法的にはなくなった。それでも待労院に留まることを希望する入所者が残っていたが、2012年、最後の入所者が同じ熊本県の国立療養所菊池恵楓園に転園、今春に閉所となった。
自宅のネットワークを安全な最新の状態にすべきだとはわかっているけれども面倒だ、という人向けに、最近起こった悪夢のような事件を紹介したい。離れた部屋にいる赤ん坊をネットを介してチェックできる「ベビーモニター」が、知らないあいだに何者かに乗っ取られていたという事件だ。
1歳4ヵ月のエリザベスちゃんは、喋ることはほとんどできないが、水泳が上手だ。彼女が一人でプールを泳いで渡る動画が話題になっている。
親のいないナマケモノの赤ちゃんたちは、母親の母乳から抗体を得ることができないため、感染症の危険がとても高い。動画の2匹は、重度の疥癬(ダニの寄生によって起こる皮膚感染症)を患っている。
 すやすや眠っている赤ちゃんは、どんな夢をみているのだろう?  もしかしたら、こんなふうに「波動拳」をキメているかもしれない。この写真のように……。