Break the Silence

「セクハラ発言」をしたとして出勤停止となった管理職2人の処分の是非が問われた裁判で2月26日、最高裁が逆転判決を出した。最高裁では、「重すぎる」として処分を無効にした大阪高裁判決を破棄し、「処分は妥当だった」と海遊館側の逆転勝訴を言い渡した。
韓国の人気歌手が大韓航空機内で酔っ払い、乗務員にセクハラや暴言を働いたことが話題となっている。
残念ながら幻に終わってしまった、国政への都議会からの「意見書」ですが、今後とも都政の場からすべての女性が活躍できる政策を推進できるよう、努力を続けていく所存です。
「レイプはどこでだって起こり得ることなんです」。動画で彼女はそう説明する。「私は、寮のマットレスで犯されました。それ以来、私にとっては根本的な脅威となり、今までどこへ言ってもあの時起こった事の重さをずっと抱え続けて来た気持ちになります」。
「家事労働」は、人間が生きる上で不可欠な行為であり、成人男女が共に主体的に関わるべきことだ。家事・育児に、妻の手伝い"Secondary Care Taker"として取り組むうちは、その本質が見えてこない。
生物は多様である。雌の多様性と雄のセクハラの軽減が生物種の繁栄にとって鍵を握ることがわかった。アオモンイトトンボの雌の色彩多様性が集団の繁栄の程度(増殖率や密度、安定性など)を高める傾向があることを、東北大学大学院生命科学研究科の高橋佑磨(たかはし ゆうま)助教と河田雅圭(かわた まさかど)教授らが野外での観察と実験、数理モデルで検証した。
また、ヤジの話か・・・と自分でも書くのが嫌になるが、こと所属している千葉県議会が貶められているかのごとく扱われたように感じたため、書かずにいられなくなった。
結局、セクハラヤジ問題は、鈴木議員以外の発言主が特定されることもなく、さらに鈴木議員の辞職も決定されることのままに、ほとんど無理やりといった感じで終息に向かっているような印象を受ける。
多くの女性も男性も、鈴木章浩都義のセクハラヤジへの謝罪は謝罪ではなかったとコメントしているのが印象的な今回の謝罪会見。
都議会でセクハラとも取れるヤジを受けた塩村文夏都議が、6月24日15時から都内の日本外国特派員協会で記者会見を開く。