hatarakikatakaikaku

教員の慢性的な長時間労働の実態が浮き彫りに。
「『ゆとり世代』と言われていますが、ゆとりなんてなかった。本当に努力してきた世代です」(高橋まつりさんの母、幸美さん)
政府は、来月24日から、官民あげての消費喚起策として「プレミアムフライデー」を実施する。
「残業ゼロで手当がもらえる」制度を導入する会社に聞いた。
年頭から明らかに「長時間労働問題」に対する空気が変わってきた。
「働き方改革実現会議」が始まった後、電通の高橋まつりさんの過労自殺の認定や社長の引責辞任...と「命を守る労働時間の上限」には反対できない空気を作ったのだと思います。
長時間労働の是正によって余裕時間が生まれれば、投資を新たに始める動きも出てくるのではないだろうか。
公的年金制度改革では、負担増を迫られる若者と給付が削減される高齢者の対立という構図で議論されることが多いが、対立を緩和するカギは高齢者が働くことによって収入を得て自力で生活を支えることができるようにすることだ。
政府は10月19日、その一環として「『副業・兼業』の解禁に関する研究会」や、「雇用関係によらない『フリーランス』の働き方を議論する研究会」を新設する方針を発表しました。
味の素では、2012年度以降にワークライフバランス向上の取り組みが本格化。多様な働き方を実現すべく、「働き方改革」がスタートしました。
PRESENTED BY エン・ジャパン