itoshiori

「ただ『男性が女性に欲情し道を踏み外した』ということが、男性社会の尺度から見ると、『女性が政治や社会を混乱に導いた』ことになっていく。そうやって『悪女』が作られてきた」
「卓越したアスリートとしてのパフォーマンスをもって、こんなにも美しく物語を揺り動かしたことに感銘を受けた」
「世界で最も影響力のある100人」に、ジャーナリストの伊藤詩織さんや大坂なおみ選手らが選ばれました。
元東大准教授の大澤昇平さんに対しても、伊藤さんを「偽名」だと虚偽の内容で中傷する投稿を行ったなどとして同日提訴。杉田議員は過去のインタビューで「伊藤さんを貶めるつもりはなかった」と語っていた。
「オンラインの中傷は『見なければいい』という声が聞こえますが、インターネットはもはや生活に欠かせないもの。通学路や通勤路のようなもの」
山口元一弁護士は「リツイートという行為に伴う責任について、社会に対しての警鐘の意味もある」と指摘。一方、はすみさんは一連のイラストについて、「風刺画はフィクション」と主張しています。
はすみさんの投稿をRTした人物2人にも「行為主体としての責任がある」として損害賠償を求めています。一方、はすみさんはTwitterやYouTubeで「風刺画はフィクションで、伊藤さんとは無関係」と主張しています。
「法に触れる行為は一切していない」として控訴する意向を示していた。
金平茂紀さんは、2年前に行われた伊藤詩織さんの会見も取材。「同じ組織に属していた元同僚、部下が詩織さんにとった行動というのは、私は理解できないくらい非常に怒りを覚えています」と個人の所見を述べていました。
伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之さんから性行為を強要されたとして訴えた裁判で、東京地裁は山口さんに330万円の支払いを命じた。「セカンドレイプでは」と問題視されている杉田水脈議員の過去の発言について聞いた。
ジャーナリストとして着実にキャリアを積んでいる伊藤さん。自身が監督した作品について「将来的には長編ドキュメンタリーとして映画化したい」と語っています。
日本外国特派員協会で行った会見で、記者からの質問に答えた。
「非常に嬉しかったのは、今まで私が話してきたことが事実であって、公益目的だと認められたこと」と語った。
会見では、「逮捕状の取り下げは安倍政権と関係あるのか」という質問が殺到した。
山口敬之さんは会見で「沈黙自体が結果的なマイナスにつながった可能性が否定できない以上、今後は法廷の外でも主張をしていかなければならないと思っている」と語った。
「性的被害を発言しにくい国で、#MeToo運動のシンボルが、注目の裁判で勝訴」と報道。日本の「闇」を指摘するメディアも
記者会見で、山口さんは改めて「法に触れる行為は一切していない」と強調しました。
判決では、山口敬之さんから受けた性被害についての伊藤さんの告発内容を「真実である」と認定しました。