著名人のメンタルヘルス

小規模な慈善団体への支援活動にも取り組むトム・ホランドさん。メンタルヘルスに関する活動をする団体への寄付も呼びかけました。
モデルの長谷川潤さんが「美しく編集された写真ではない、私の体験の1ページをみなさんとシェアしたい」と切り出した内容は?
SNS再開について「誰かを助けることは、3年前の私に対する責任だと決めました」とつづっています
Instagramで「自分自身とメンタルヘルスを癒しケアするため」しばらく時間をとることを発表した。
元マラソン選手の原裕美子さんが病気を公表するまで。現役時代の過酷な体重制限から、食べて吐くを繰り返す摂食障害に陥り、過食用の食べ物を手に入れるために衝動的に万引きを繰り返した。
元マラソン選手の原裕美子さんが病気を公表するまで。現役時代の過酷な体重制限から、食べて吐くを繰り返す摂食障害に陥り、過食用の食べ物を手に入れるために衝動的に万引きを繰り返した。
目をパチパチさせる、顔をクシャッとしかめるなどの運動チックと音声チックの症状がみられるトゥレット症候群。11歳の時に診断されたと明かしている。
2冊目となる単行本『ウチらメンタル衛生きちんと守ってかないと普通に土に還りそう』に、ファンの期待値が高まっています。
若くしてデビューし多忙な生活を送るアイドル。生理や身体作り、摂食障害やメンタルヘルスなど、アイドルが抱える健康問題を、振付師の竹中夏海さんに聞きました。
栄光が選手に取ってプレッシャーになることも。アメリカのスニサ・リー選手が、不安発作とインポスター症候群苦しんでいることを告白しました。