puraido2020

ゲイだと伝えた後の「タブー期」を経て、恋人のことをオープンに話せるまでの道のり。
パートナーシップ宣誓スタートから5年。制度利用でも、法律婚と同じ扱いが広がりつつあります
「税金をマジョリティだけに使うとも受け取れる、恥ずべき考え方」と弁護士は批判しています
6月は「プライド月間」。東京レインボープライドの共同代表を務める杉山文野さんは、当事者として、そして元アスリートの経験から「LGBTに対する差別をなくすための法律が必要だ」と語りました。
Apple Watch用新作バンド「プライドエディション」にマッチする「プライド文字盤」を設定する方法をお伝えします。
同性パートナーの子供の、育児休職や出産祝い金などの制度が使えるようになります!
「美しさにはもっとたくさんの種類があることを、世の中に伝えられたら、もっと平和になるんじゃないかな」
「性のあり方はみんながそれぞれ違って当たり前なんだって感覚を、若い世代全体が持ち始めているこれからが、社会を変えていくチャンスの時代だ」
息子の人生に、1人でも多くの人が関わって欲しい。背景には幼少期に感じた寂しさがありました
LGBTという「言葉」の認知は高まりつつあるものの、当事者を身近に感じている人は多くない現状。いまだ差別や偏見の残る職場で、ハラスメントの起きない環境を整備することは今後、“最低限”必要な施策だ。
「差別することなく助け合いたいと思ってもらえる家庭を作りたい」。2月に養育里親に認定された愛知の同性カップルが、気持ちを綴ってくれました
この結婚式を、孫たちにも語り継ぐことになると思うと語るカップル。忘れられない1日になりました
アカウントの公開/非公開や「ミュート機能」など、SNS上で自分の安心安全を守るために使える機能や設定を紹介。誰でも無料でダウンロードできます。
私がこうして、私らしく毎日を過ごせているのは、新宿二丁目という街が存在したから。新宿二丁目が救ってくれたから。
もし、この街と出会えていなかったら、自分で自分を否定したままだったかもしれない。多くの有志が、動き出しました。あなたにも、必ず、できることがあります。
日本でも今、闘っている人たちがいます。映画『ジェンダー・マリアージュ』から日本での同性婚実現について考えるイベントが開かれました
「言葉にならないくらい幸せです」。生後3日の我が子の写真とともに、嬉しいニュースを番組でサプライズでシェアしました
女性や同性愛者が、今よりもっと差別や暴力を受けてきた時代。2人は自分たちらしい生き方を模索し続けた
「少年ジャンプ+」連載で話題となった作品から、世界で絶賛された有名映画まで。多様な愛の形に触れてみてください。
ハフコレ編集部