tenrankai

バンクシーは、イギリスを拠点に活動。ステンシルを用いたグラフィティを中心に製作し、政治や社会風刺といったメッセージ性の強い作風で知られる。
デンキウナギ、リス、カメレオン、マキガイ...なぜ?
「皇室の彩」展が皇室ファンだけでなく美術ファンにも人気の理由とは
フランス語の「サロープ」は、英語だと「ビッチ」に近い。
「被害者非難」に対するアンチテーゼが込められている。
まとめて観ることのかなわなかったこのコレクションが、2018年、「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」展として来日する。
どう切り取っても、実に不思議な写真が撮れるのだ。フォトジェニック・インスタジェニックな空間。
絵本『はらぺこあおむし』などで知られる作家、エリック・カールさん(88)の大規模な展覧会が東京・世田谷美術館で開かれている(7月2日まで)。ハフポスト日本版では来日したエリックさんに独自インタビュー、ナチス・ドイツ政権下だった少年時代や最新作に込められたメッセージについて訊ねた。
迷うもよし、迷わないもよし。150人もの"オジサン"が、写真を通してそんなメッセージを伝えてくれたようだ。