yakyu

両親は、「(謝罪を)受け入れるつもりはない」とし、背景などの説明をさらに求めたことを明らかにした。
2020年シーズンから西武に復帰した松坂選手は、首の痛みと右手のしびれを取るために同年7月に頸椎(けいつい)を手術。が、症状は改善せず、今年7月に引退を表明した。
会見では松坂世代や家族への思いのほか、諦めないことの大事さなども語ってくれた。
以前、ディープフェイクを使った、トム・クルーズの「そっくり」さんがSNSで話題になったことがあった。
アメリカ・マイナーリーグの試合の一幕。バットドッグとして活躍するルーキー、少し興奮してしまったようです🐶
大谷選手にどう対応するかを尋ねられた際に、アクセントのある口調で「とても、とても気をつけた方がいい」とコメントしていました。
「ぜひみんなでやりたい。どうでしょうか」山崎選手の問いかけに、チームメイトからは賛同の拍手が起こった。
「会社で同じことをしたら、一発で解雇ということもあり得る」。球団側の対応と環境づくりをしてこなかった点を指摘しています
これは、今シーズンで最もワイルドなプレーかもしれない
「今後は監督、コーチ、選手、その他役職員を含む全てのチーム関係者に対してコンプライアンス研修などを実施し、再発防止を徹底して参ります」。