EDITORS’ CHOICE

「今こそ、この国の女性たちに賃金の平等、権利の平等を完全に実現すべき時だ」ーー。映画界の女性差別に力強く、粘り強く声を上げてきた映画スターたち。歴史は動くでしょうか。【心揺さぶるアカデミー賞スピーチ・後編】
本人のツイートで「2年前から腎臓癌と闘ってきましたが、ここにきて残念ながら力尽き…」とつづった。

PROJECT

利便性が高く、商品もおしゃれ。エコとは関係ない動機で使い始めたら、自然と「プラごみ削減」に繋がっているというサービス。Loopは日本の消費を変えるか。
2020年末に政府が発表した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」。ESGの専門家・夫馬賢治さんは、「読めば読むほど驚きの内容になっている」という。
女性初の経団連副会長に内定した南場智子さんと、DeNAを卒業後に起業した岩崎由夏さん。新時代の企業と働き手の関係や女性がリーダーに就く意義について、一緒に考えます。
新しい時代のメディアの担い手になりませんか?記者・編集者の人材募集を行います。皆さまからのご応募お待ちしております。

LIFE

この季節にお店に並ぶ、国産レモンを使って作る煮込み料理。「おうちごはん」で“旅気分”が味わえる、アフリカの家庭料理「プレヤッサ」のレシピを紹介します。
「普通でないなら、もう漫画家はやっていけない」 。そう思っていたという漫画家・細川貂々さんは、どう非定型発達の特性と付き合ってきたのか?
前向きな気持ちで、でもたまにピリッと。「9.5割ポジティブ」をモットーに、2021年上半期の全体運・愛情(恋愛)運・仕事運を占います。
冷蔵・冷凍保存のしやすさや、栄養バランスの取れた健康習慣としても話題の宅配弁当(宅食)サービス。食宅便やヨシケイなどが人気サービスとして有名ですが、定期便や毎食注文、おかずのみとご飯付きなど、生活様式にあわせて選び方も様々。
ハフコレ編集部
SDGsで世界をリ・デザインする

ハフポスト日本版が考えるSDGsについてまとめました

詳しく読む

SDGSで世界をリ・デザインする

同じ映画を作り上げた仲間と一緒に着席することも許されなかったハティ・マクダニエル。ハリウッドは、黒人差別とどう向き合ってきたのでしょうか。【心揺さぶるアカデミー賞スピーチ・前編】
「ディズニールック」と呼ばれる、従業員の身だしなみ規定。米ディズニーは多様性やインクルージョンなどの観点から規定を緩和した。日本でも改定される可能性はあるのか。
トイレットペーパーの主力だった1個約50メートル(紙が二重のダブルは半分)の生産を打ち切り、長さが1・5~3倍の「長巻き」に集約した。
『淵に立つ』『よこがお』の深田晃司監督、アカデミー賞の取材を続けてきた朝日新聞の藤えりか記者と考えます。
カゴメは中国大陸部に一部商品を輸出しているが、売り上げ比率は2020年末時点で0.4%と少ない。
新疆ウイグル自治区での強制労働について「我々は政治的に中立だ」としてコメントしなかったユニクロ。中国という巨大なマーケットにおける経済成長と、人権のどちらを優先するのかーー。企業はどう対応すべきなのでしょうか。
スターバックスでは1年間に約70億個の使い捨てカップを使用、その多くは埋め立て地へ送られるという。韓国の店舗では2018年に世界で初めてプラスチック製ストローの使用を廃止。
4月13日(火)21時〜22時、ZOOMにて開催。記事下のリンクから、ぜひご応募ください。【締切:4月12日(月)正午】※募集を締め切りました